« 崩壊へのカウントダウン | Main | ノーコメント。 »

2010.04.14

韓国語電子辞書XD-A7600

 5年ぶりに、電子辞書を更新した。

 今までは、ソウルで購入した韓国カシオの製品EW-D3700を使っていたが、今回購入したのは、XD-A7600。僕にとって、初の日本市場モデルだ。この5年で、電子辞書は相当な進歩を遂げていた。

1)液晶がカラー化・タッチパネル対応

2)手書き入力パネル搭載。ハングルも手書き入力可能

3)韓国語辞書は、Prime韓日辞典から小学館朝鮮語辞典へ変更

4)ネイティブ音声による発音対応

5)国語辞典は、広辞苑から大辞泉・明鏡国語辞典に変更

6)旅行会話をはじめ、星の数ほどのコンテンツ搭載

 僕にとって、最も大きなポイントは、小学館「朝鮮語辞典」の搭載。これまでのPrime韓日辞典も悪くない辞書だったが、やはり日本人にとって、朝鮮語辞典に勝る韓日辞典はいまだ存在しない。もっとも、朝鮮語辞典は膨大な巻末資料が魅力の一つなので、依然書籍の辞書を完全にリプレースするには至らないのだが。

 液晶のカラー化は、カシオ2010年モデルの目玉機能だそうだ。しかし、辞書として使う限り、液晶のカラー化はあまり重要ではない。デジカメの「1500万画素」などと同様、売るための新機能という感じだ。ただ、カラー液晶を採用しながら、アルカリ電池駆動を維持したのはいい。

 せっかく液晶が高機能化したのに、文字の品質はまだまだだ。日本語、韓国語ともに、アンチエイリアスを採用するなどしてもっと高品質な表示にしてほしい。

 そして、手書き入力パネル。ハングルの手書き入力が可能なので、ハングルの入力に慣れていない人には嬉しい機能だ。しかし、僕の場合は、試してみたところキーボード入力のほうがずっと速かった。これは、漢字の検索に使うことになりそうだ。

僕にとってありがたい、主な収録コンテンツは以下の通り。

・小学館朝鮮語辞典

・小学館日韓辞典

・東亜韓韓辞典(東亜国語辞典)

・小学館デジタル大辞泉

・大修館明鏡国語辞典

・大修館新漢語林

・NHK日本語発音アクセント辞典

・小学館使い方のわかる類語辞典

・ジーニアス英和大辞典

・プログレッシブ和英中辞典

 国語辞典が大辞泉なのは少しだけ残念。過去には、朝鮮語辞典と広辞苑を両方搭載したモデルもあったのだが、今はオプション扱いだ。それでも、これだけのコンテンツが収録されて3万円台というのは、ありがたい。

 iPhone用の「小学館朝鮮語辞典」が出るまでは、これを活用するつもりだ。

|

« 崩壊へのカウントダウン | Main | ノーコメント。 »

Comments

返信ありがとうございます

本格的に勉強したいので、
とりあえず買ってみて
大切に使おうと思います

韓国の滞在とても楽しみです☆

Posted by: いずみ | 2010.06.08 01:22

こんにちは。
韓国で販売されている、カシオEX-WORDシリーズですが、安いモデルだと10万W台前半で購入できるようですね。

カラーである必要は特にありませんし、韓国モデルは広辞苑や新明解国語辞典など、日本語関連のコンテンツが非常に充実しているといったメリットがあります。

一方で、日韓・韓日辞典は韓国製のプライムを使用しています。プライムは基本的に日本語を学習している韓国人のための辞書なので、個人的にはここがネックです。例文の量や説明の適切さでも、小学館版には敵いません。また、日本ではサポートを受けられない点もご注意ください。

結論としては、韓国語を本格的に学習しようと思っていらっしゃるのなら日本のXD-A7600を、逆に韓国語辞典は意味が取れる程度で構わないなら、韓国カシオのEW-H3000をお勧めします。

Posted by: かんりにん | 2010.06.07 20:19

初めまして:)

電子辞書の話興味深く読ませてもらいました☆

韓国へ二ヶ月行きますが
電子辞書を買おうと考え中です

ちなみに韓国製のは一万5000円くらいですが
こちらの日本製は3万円するので

どうしようか迷い中です。

でも、やはりオススメですか?
紙辞書よりも、旅には持ち歩きやすいと思って♪

Posted by: いずみ | 2010.06.07 11:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国語電子辞書XD-A7600:

« 崩壊へのカウントダウン | Main | ノーコメント。 »