« November 2009 | Main | January 2010 »

2009.12.31

2009年おいらの十大ニュース

 早いもので、2009年も今日で終わり。このブログも、来年は足かけ8年目に突入する。アクセス数が伸びるわけでもなく、進歩の兆しが全く見られないが、今年も仕事を離れて楽しく語ることができた。

 というわけで、恒例となった「おいらの十大ニュース」をまとめてみよう。

10位 雨男全開。

 以前から雨男だったが、今年はちょっと異常なくらいに発揮した。秘境駅III取材、新幹線の車窓取材、銚子電鉄取材、ヘラン取材、新幹線の車窓ナイト、秘境駅ナイトなど、肝心なときには必ず雨または雪が降ったような気がする。降らなかったのは、新幹線の車窓ナイト2くらい? 大晦日も、日本海側の新潟県阿賀野市で目覚めたら、大荒れの天気になっていた。

9位 14年ぶりにパッケージツアーでソウルへ。

 1995年に初めて韓国を訪れて以来、初めて通常のパッケージツアーで韓国旅行に出かけてきた。送り迎えがあったりして、やっぱり楽ですね。成田空港のツアーカウンターで戸惑うなど、いろいろ勉強になりました。

8位 iPhone導入

 ハングルが普通に使える!ということで導入。買うまでは、「通信で直接楽曲を購入できて通話機能もオマケに付いているiPod」くらいに誤解していた。APPLEさまが許可したこと以外できないのが困るけど、できることについては大変快適。

8位 EOS5DmkII、α700、E-420…… 一眼レフ買いすぎました。

75DmkII=撮影の仕事が増えたのと、mkIIの販売額と初代の下取り額が接近したため、買い時と考え購入。ほぼ仕事用だが、時々オールドレンズを付けて遊ぶことも。α700=ディスコン祭りで異様に安かったため、αSweetDigitalを下取り。30mm単焦点を付けて、個人的な旅行や町歩きに使っている。αシリーズ屈指の名カメラと思う。オリンパスE-420は、PENが出て中古相場が2万円切りと気の毒なほど下がっていたので、コンパクトデジカメの代わりになるかとつい捕獲。機能は低いが、そのコンパクトさに惹かれ、最近はこれで仕事をしていたりする。

6位 韓国の豪華列車「ヘラン」に乗車取材を実施。

 韓国鉄道公社(KORAIL)が送り出した、オール個室の豪華寝台列車「ヘラン」。昨年から強い関心を抱いていただけに、早々に取材が実現したのはとても嬉しかった。

Continue reading "2009年おいらの十大ニュース"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

出湯温泉の天気

Dsc00828
12月30日

Dsc01008
12月31日

 いやはや。出湯温泉で一晩くつろいだら、翌日は豪雪。風景が一変してしまった。

 どうも、今年は雨や雪につきまとわれた1年だった。来年は、少し手加減してもらえると嬉しいな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

東北本線南下中

image1715426523.jpg郡山で黒磯行きに乗り替えると、晴れてきました。

2009年最後の日が沈んで行きます。

この調子で、明日も初日の出が見られるといいですね。

| | Comments (3)

磐越西線で郡山へ

image1708989442.jpgで、会津若松経由で郡山へ。

かなりの吹雪で、あまり景色が見えません。

会津若松から乗った快速あいづライナーは、普通列車扱いながら特急車両を使うお得な列車。しかし、磐梯熱海駅手前で踏切故障が発生、14分遅れた結果、新幹線、在来線ともに接続列車は発車してしまいました。大晦日で下りは特に混んでいたはずで、盛岡までの指定券を持っていた家族連れは、とほうにくれていました。

こういう時、普通列車は立場が弱いですね。

| | Comments (0)

雪の朝

image1411102174.jpg出湯温泉。夜半からふり始めた雨は、明け方から雪に変わりました。

例の法則発動か、とも思いましたが、この時期の新潟なら、これが当たり前とも言えるでしょう。

昨日は拍子抜けするほど暖かかったのですが、今朝は窓を開けると一面の銀世界でした。

2009年も、今日で終わりです。

| | Comments (0)

瓢湖

image1163148503.jpgに来ています。すんごい数の、白鳥とカモ。

この後、白鳥たちは夕方まで付近の田畑で餌をとるのだとか。こんな雪で、いったいどんな餌があるのでしょうね。

今日はこらから磐越西線で南下します。

| | Comments (1)

2009.12.30

水原駅到着

image198225019.jpg目的地に到着しました。

世界遺産はありませんよ。

友人のレンタカーに乗り替えました。

| | Comments (2)

上越線北上中

image19062399.jpg
高崎、水上と乗り替えて、今は長岡行き普通列車に乗車中。

高崎からは、帰省客と青春18きっぷ客で 非常に混雑しましたが、越後湯沢を過ぎて、だいぶ落ち着きました。

車掌が、携帯電話の使用やら、Suicaについての注意やらをひたすら放送しています。

「他のお客さまの御迷惑となりますので、通話はご遠慮ください」

って、あなたの放送がいちばんやかましいです。車内から失笑がきこえます。

つぎは、五日町。

| | Comments (0)

NREの幕の内弁当

image2026963911.jpg
贅沢にも、朝食は新宿駅で買った幕の内弁当。前にも書いた気がするけど、NRE(日本食堂)の駅弁は国鉄時代に比べてとても、美味しくなった。

ごはんが美味しくなったというのもあるけど、ふっくらした鮭や、味のしみた里芋の煮物など、おかずのレベルも高い。昔は、日本食堂の駅弁といえば、干からびた塩の塊のような鮭とか、こちこちに固まったご飯のイメージだったのだが。

それにしても、焼肉弁当とかよりもこういったメニューを選ぶようになったのは、年をとった証拠かなあ。

| | Comments (0)

今年最後の旅立ち

image1933617833.jpg
赤羽から、快速アーバン高先行きに乗った。もはや懐かしさの漂う211系。旅モードということで、グリーン車利用だが、敢えて二階建てでないほうの車両を選んだ。もう、このタイプの普通グリーンは、ほとんどない。

天井が高くて開放的だし、国鉄のにおいが残っているのがいい。

この列車で、今年最後の旅に出発だ。

| | Comments (0)

2009.12.29

1月10日『スーパーベルズの鉄道ナイト7』にゲスト出演します。

 2009年もいよいよ押し詰まってきました。

 年明けの告知をさせていただきます。

 1月10日(日)、お台場の東京カルチャーカルチャーで開催される、SUPER BELL"Z主催の鉄道トークイベント『鉄道ナイト7』に、ゲストとして出演させていただくことになりました。

 今年、僕が東京カルチャーカルチャーで何度かやらせていただいたイベントと違い、かなり濃イイ「テツ」イベントです。以下の、火曜サスペンス劇場並みに長い告知をご覧ください。

1/10(日) 「スーパーベルズの鉄道ナイト7・新年会!! 一年の計はカルカルにあり!新春いきなりロングランスペシャル!!5時間の鉄道説法で2010年開運必至!!!」 お台場・東京カルチャーカルチャー 福袋価格&追加ゲスト発表!大物シークレットゲストも登場決定!

全席満席!オーダー改札止め!!カルカルで“テツ”の道を切り開いた伝説のイベント「鉄道ナイト」!2010年新年会として、いよいよ7回目の開催決定!!!

○ファンの皆様との新年会として、ベルズメンバーが集結!
○雪にまみれろ!! お正月恒例の南田裕介氏と野月の「乗り鉄」の模様を上映!
○旧姓宮田が、新妻の腕をふるってハイカロリー駅弁を調理!鉄音アワー新年恒例の「駅弁まだまだだ」コーナーを生開催!
○鉄道模型メーカー担当者を招き、注目の新製品を徹底解剖!

○新年会初企画商品「スーパーベルズ福袋」!!メンバーそれぞれが趣向をこらした福袋をお持ちします!
価格■車掌DJ野月¥5000・¥8000 2種 ■保線DJ土屋 ¥13000 ■宮田千春 TJレミア☆ それぞれ¥2000

○鉄道ナイト恒例!声で出す電車の音「新春エアトレイン大会」を開催!参加者には「鉄道ファン賞」はじめ豪華景品プレゼント!!
○鉄子にむけた「つり革ピアス」などでおなじみ、鉄道アクセサリーブランド『しびれ』に新アイテム「レイルネイル」が登場!
○名物、身に着けても気づかれにくいベルズ鉄道グッズに新作「VVVF&アーガイルパンタTシャツ」「アーガイルパンタトレーナー」がラインナップ! 
○クリーナーつき特製携帯ストラップを販売開始!

▼熱烈な声援に応え、12/6ライブでお披露目した宮田&レミアの幻のユニットを再結成!ミニライブ開催!
▼鉄道ナイトではお馴染み!鉄ママ・豊岡真澄さんのゲスト出演が決定!
▼著書「新幹線の車窓から」でおなじみ栗原景氏のゲスト出演が決定!
▼モンド21で放送中のレギュラー番組「鉄道ジオラマ王国建設計画」で建設したNゲージレイアウトを会場に持ち込み生公開!!◎番組でお馴染みジオラマ製作の達人・DDF矢幅さんのゲスト出演が決定!
▼大物「鉄」シークレットゲストも登場決定!

以上の内容を予定しております。

【出演】スーパーベルズ:車掌DJ野月 保線DJ土屋 宮田千春 TJレミア☆
アイアンゲスト S-flyer桜井DJ 豊岡真澄 栗原景 「鉄」シークレットゲスト ほか

1/10(日) 改札開始/15:00 発車/16:00 着予定/21:00
前売乗車券 新年特価¥2,980/当日乗車券¥3,500(共に飲食代別)

◎前売券はイープラスにて発売中!
PC購入ページ
携帯購入ページ

列車(場所)お台場・東京カルチャーカルチャー(ZEPP TOKYO2階、観覧車右横)
問い合わせ tcc@list.nifty.co.jp
イベント詳細ページはこちら

当列車、東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら気楽に
イベントを楽しめる居酒屋スタイルの食堂車付き列車で全席自由席です。
入場は前売券の整理番号順となります。飲食代は別途必要となります。(ドリンク¥400~)

 ……おお、終わった。もはや何がなんだかわからない濃ゆさですが、毎回チケット完売、当日券なしという超人気イベントです。僕が喋らせていただく時間はちょっとだけですが、もし良かったら、遊びに来てください。チケットのほうは、今確認したらまだ少しだけ残っているようです。

 来年も、どうぞよろしくお願いいたします!

 あ、今年のブログ更新はまだまだ続きます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.12.28

東京帰還。

image1833350107.jpg
ただ今、品川駅。

今年最後の取材が終了した。春旅の取材をいまやるのは、なかなかタイヘンだった。

顔出し記事のため、春の服装で行動しなくちゃいけなかったからだ。

標高1100mでジャケット姿は、さすがに寒かった。もっとも、アンダーにヒートテックを着ていたので、コートを着ると逆に暑かったんだけど。

取材のほうは、予想以上に充実した内容になった。また文字数が足りなさそうだか、がんばっていい記事にしよう。

明日は、一応仕事納めだ。さて。

| | Comments (0)

取材終了

image1648389072.jpgこれから、都内にもどります。
朝は雨でしたが、持ち直してくれてよかった。

| | Comments (0)

2009.12.27

成田-仁川線の機内食

アシアナ航空 2009年12月18日Pc182569

 

 

 

 

ユナイテッド航空 2009年9月1日Img_0354

| | Comments (2) | TrackBack (0)

裁断機PK513L到着

 2009年クリスマス。今年1年頑張った自分に、プレゼントを贈った。

Dscf8030

 「PK513L」。安価ながら、コピー用紙180枚を一気に裁断する能力を持つ裁断機だ。

 安いとはいえ、3万円台。ずいぶん前から迷っていたが、この際、思い切って購入した。

 目的は、資料のデータ化だ。

 雑誌や観光パンフレットをパソコンに取り込み、膨大な量の紙を処分しようというわけだ。

 まずは、今回購入したPK513Lで、冊子の背を切断し、1枚ごとにバラバラにする。

Dscf8034

 PK513Lは、A4までの冊子に対応している。ガイドに沿って、対象物を刃の下へ持って行くと、裁断される位置がLEDで照らされる。

 位置を合わせたら、ロックを外し、ハンドルを両手で持って押し下げる。すると……

Dscf8038

 ズズズッと手応えがあって、きれいに裁断された。力は、ほとんど必要ない。裁断する場所全体に均等に力がかかるので、たいへんきれいに切れる。

 240ページの韓国観光公社ガイドブックも、ご覧の通り。

Dscf8040
背表紙側。きもちいいくらい、スパッと切断されている。

Dscf8044

 1枚ずつバラバラになった冊子は、ドキュメントスキャナScanSnapでスキャンする。両面を自動的にスキャンしてくれるうえ、40枚程度まで、一度にスキャンできるので便利だ。PK513Lで裁断した冊子は、切断面にムラがないので、紙送りでひっかかることもまずない。

 こうして、スキャンしたデータはPDFファイルで保存される。冊子のデータ化の完成だ。

 できあがったファイルは、Dropboxのフォルダに入れておけば、世界中どこにいても、参照できる。

Guidebook
データ化が完了した、韓国観光公社の公式ガイドブック

 資料のデータ化を思い立った理由は、第一に収納場所の問題だ。

 今、僕の事務所には、韓国の観光パンフレットや、鉄道、韓国関係の雑誌・書籍が膨大にある。しかし、共同で借りているせいもあり、収納スペースは限られ、あちこちに資料が無造作に積まれている。観光パンフはデスクの下にしまってあるが、目的の資料を取り出すだけでも、かなりの能力が必要になる。そもそも、資料を参照したいときに、事務所いるとも限らない。

 そこで、冊子になっている資料を順次データ化し、PCやiPhoneで参照できるようにしようと考えたわけだ。

 240ページの冊子は、110MBのPDFファイルになった。130ページほどの雑誌なら、データ化にかかる時間は10分ほど。ただし、後から記事を検索できるように文字を認識させようとすると、僕のWindowsPC(Core2Quad)で30分近くかかる。裁断とスキャンのみ先にやって、文字認識は夜中にやらせるのが良さそうだ。

 25日に到着してから、これまで約30冊の資料をデータ化した。ScanSnapの読み取り面を、こまめにクリーニングしてやる必要がありそうだが、結果はおおむね良好だ。

 それなりに時間はかかるが、手持ちの資料は、今後順次データ化していく予定。

 今後の課題は、折りたたみ式の観光マップの類をどう処理するかだ。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2009.12.24

鉄道漫画アンソロジー『鉄本(テツモト)』

Img

 講談社から発売された、鉄道漫画「鉄本(テツモト)」。漫画家20組+エッセイスト1人による、オール描き下ろしのアンソロジーだ。

 この本の編集を担当したTさんが知人ということもあり、以前から期待していたのだが、一方で不安もあった。Tさんは、子どもの頃からの鉄道ファンで、気合いの入った本になるだろうと思う一方、最近この手の企画が多いので、二番煎じに見えるかもしれないとも思ったからだ。

 期待と不安が入り交じるなか、書泉グランデで購入した。

 352ページ、1260円(税込み)という、かなりのボリューム。

 目次を見て驚いたのが、その豪華な執筆陣だ。

・安田弘之 (ショムニ)
・うえやまとち (クッキングパパ)
・田島隆/東風孝広 (カバチタレ!)
・吉田戦車 (伝染るんです)
・けらえいこ (あたしんち)
・須賀原洋行 (気分は形而上)
                     ほか

 もっとも、いくら有名漫画家を揃えたところで、中身が伴わなくては、意味がない。では、内容はどうだったのか。

Continue reading "鉄道漫画アンソロジー『鉄本(テツモト)』"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.12.23

「新幹線の車窓から」VS「機動戦士ガンダム」

等身大ガンダム 静岡で再び大地に立つ

 アニメ「機動戦士ガンダム」の放映30周年を記念して、今年7月に東京・台場に展示された高さ18メートルの等身大ガンダムが来年7月、静岡市葵区のJR東静岡駅前に移設されることが22日、関係者への取材で分かった。
(中略)
 移設場所は、イベント会場などに使われていた同区長沼の市有地(約2万5千平方メートル)で、近くを通過する東海道新幹線の車窓から展望できることなどから、選ばれた。(産経ニュース2009/12/23)

「新幹線の車窓から」「ガンダム」。

なんかいろいろ書こうかと思ったけど、もうこれだけで十分です。

時速270kmで走行中の「のぞみ」から、RX-78を撮影……。わくわくしますな。「はやい!はやいよ!」なんて、テンプレ通りの発言をしてみたり。

まあ、個人的には、RX-78よりは「ランスロット」「紅蓮弐式」「篠原98式AV」のいずれかがよかったんですけどね。

楽しみです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

フジヤカメラの福袋復活

Pc213040

今年も、「フジヤカメラ 福袋」で検索して来てくださる方が増えてきました。

昨年は中止となった福袋ですが、今年は復活するそうです。

同時開催の「新品祭り」は、どうも微妙な値付けが多いのですが……。

福袋。今年も並んでみますかね。皆さん、あんまり早く並ぶのは勘弁ね。

2006年
2007年1
2007年2
2008年(旅行のため不参加)
2009年(中止)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

麗水駅・順天駅新駅舎へ移転

Pc182321

 全羅線の終着、麗水駅。昨夜午前0時をもって、約70年間親しまれた駅は閉鎖され、別の場所に建設された新駅舎に移転した。

Pc182350

 緩いカーブを描いての出発風景は、もう見られない。

Pc182372

 こちらが、新しい麗水駅。旧駅よりも900m順天駅寄りに、完全に新しく建設された。

Yeosuyeok

 元々、麗水港に隣接して設置され、市街地からは離れていた麗水駅だが、今回の移転によってますます遠くなってしまった。

 最近のKORAILは、駅を市街地から遠く離れた場所に移転するケースが多い。こんなことで、バスから乗客を奪うことができるのか、疑問だ。

 麗水の場合は、市中心部に近い、ひとつ手前の美坪駅をもっと整備するか、市庁の近くに新麗水駅を設置したほうがいいのではないだろうか。

 ちなみに、順天駅も同時に新駅舎に移転した。こちらは、旧駅舎の南隣に隣接して建設されたため、利用客の便に大きな変更はない。

Pc182410
ホーム側から見た順天駅新駅舎

Pc182412
役目を終えようとしている順天駅旧駅舎。

 設備の近代化を進めるのはいいけれど、麗水駅の移転は、どうも必要性に疑問を感じる。

 また、近いうちに訪れよう。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

究極のカップ麺「博多だるま」

Pc223102

 史上最強、歴史に残るカップ麺という噂を聞きつけ、入手してみたセブンイレブン限定「博多だるま」。

 とにかく、カップラーメンとは信じられないほど旨いらしい。製造は、とんこつスープのクオリティに社運を賭ける、明星食品。

 この商品は、地域の名店シリーズのひとつで、本来は「だるま」がある福岡県と、山口県のセブンイレブンでしか購入できない。そこで、わざわざ「セブンイレブンネット」で注文した。宅配ではなく、最寄りのセブンイレブンで受け取れるというサービスだ。1個単位では買えず、5個セットでの販売となる。

 韓国へ行く前日に注文し、帰国したその足で商品を受け取った。

 そして、記念すべき一杯目。

 うまい。

Pc233147

 「だるま」 という店は知らないが、確かに、カップ麺とは思えない、かなり美味しいとんこつラーメンに仕上がっている。おそらく、この商品を普通のどんぶりに盛りつけて出されたら、僕はインスタントラーメンとは気づかないだろう。麺もスープも、それくらい本格的だ。

 かなり強めのとんこつ臭の漂うスープ。やや人を選ぶかもしれないが、よくできている。まあ、粉末スープを使わず、ペースト状の液体スープを採用しているのだから、これはある意味当然かもしれない。

 すごいのは麺だ。とても即席麺とは思えない食感を実現している。ノンフライ麺は、とんこつ系の麺と相性がいいのかもしれない。

カップ麺も、ここまで来たかと驚いた。

 実際の「博多だるま」のラーメンにどれだけ近いのかはわからないが、地域限定と言わず、ぜひ定番商品として全国で売り出してほしいものだ。

 ついでに、麺のみの「替え玉パック」もあるといいな。

 お勧めです。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

2009.12.21

中央線で出発

image1936615151.jpg 今年最後の取材。あずさ9号で山梨方面に向かっています。

春旅の取材なので、ちょっと薄着。ユニクロのヒートテックが頼りです。

| | Comments (8)

最近のピッコロさん

Pic01

ああびっくりした。メールで投稿したらそのままの巨大サイズで出てしまいました。

で、こんなかんじです。でかくなりました。やる気まんまんです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.12.20

小湊鐵道沿線 池和田城址

 2年ぶりの小湊鐵道。今回も、「関東の駅100選」に指定されている、上総鶴舞駅に降りた。

 前回は、駅前を眺めただけだったが、今回は駅周辺を散策してみる。

 徒歩で、15分ほど歩いたところにあるのが、池和田城址だ。

 城址といっても、天守跡があるわけでもなく、ごく小さな丘に設けられた、砦の痕跡といった趣だ。城の入口には、自称「駐車場」もあったが、どう見てもカーブの路肩にしか見えない。

 ところどころに説明板があるが、どれも古い字体で消えかかっており、最近はほとんど手つかずであることがわかる。

 本丸への山道には、当時使用されたという古井戸が残り、今もこんこんと水が湧き出している。

 坂道をのぼり始めて、5分ほどで到着する本丸跡。池和田城は、この地域を治めていた多賀氏の居城だったが、永禄7(1564)年、北条氏正に攻められ落城したと伝わる。

 城の周辺の山肌には、洞窟のような穴が無数に開いていた。地元の人に尋ねると、すべて井戸の跡だという。水がしみ出している場所も多く、かなり水量豊富な土地のようだ。

 小湊鐵道の列車は、1時間半に1本程度。次の列車の待ち時間に、ちょうど良い散策コースだった。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

片山右京遭難事故

 日本に帰国し、東京駅のキヨスクをのぞくと、「片山右京遭難」の見出し。驚いて、慌ててiPhoneでニュースを検索すると、富士山で悪天候に遇い、同行した二人が死亡、右京は救援を求めるために下山したということだった。

 犠牲になった二人の冥福を祈ります。片山右京だけでも、生還できて本当に良かった。

 右京さんの行動を批判する人もいるようだが、今回の登山は、南極探検へ向けての訓練だ。「悪天候のなか、登るべきではなかった」という批判は的外れではないだろうか。

 批判されている、「寒波の到来を知らなかったと述べた」という報道も、伝聞報道のひとつに過ぎない。

 「天気予報は見ていなかったので、まさか寒波が来るとは思いませんでした」と言ったのか、「この天候を予測できなかった自分の責任です」と言ったのかは、今の報道だけではわからない。

 南極制覇に命がけで挑み、思わぬところで自然に跳ね返された。現時点での報道を見る限りは、そういう事故だったのではないかと思う。

 責任感の強い右京さんは、会見の映像を見ると、相当ショックを受けているそうだ。最低1年間、活動を自粛する方針という。

 しかし、犠牲となった仲間のためにも、できるだけ早く、冒険の舞台に戻って来てほしい。片山右京は、坊やのような顔つきからは信じられない身体能力を持ち、これまで数々の「冒険」を成し遂げてきた。嘆き悲しみ続ける右京さんは、見たくない。

 深夜にテントごと吹き飛ばされる悪天候の中、200m滑落した仲間を発見し、シュラフに入れるなどして暖を取らせ励まし続けた片山右京。絶望的な状況の中、判断力を失わずに下山、そして会談で見せた責任感と遭難者・家族への配慮など、本当に立派な、すごい人だと思う。

 F1地上波の中継などで、また元気な右京さんを見られる日を待っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.19

京葉線東京駅

image962008208.jpgこんな所に、急行能登がいました。なんで?

ていうか、舞浜すごい数の撮り鉄さんがいるんですが。

| | Comments (3)

2009.12.18

麗水駅前ののり巻き屋

 最終日。10時発の特急「セマウル」に乗るので、駅前で朝食をとることにした。

 何もない駅前だが、とりあえず無難そうなのり巻き屋を発見。早速、ドアを開けて中に入った。

 その時、僕の目に入った光景。

「うー、さぶさぶ」

な、なにぃ?

「おっ、お客さんきたー」

 首輪を付けた、微妙に可愛くない若いオスネコがストーブで暖まっていた。ネコが忌み嫌われる韓国では、あり得ないはずの光景だ。

「うちで飼ってるんですよ。もとはノラの子だったんだけど、寒そうだったんで入れてやったの」

 1人で店をやっているらしい姉さんが、愛想のない表情で言った。

「韓国では珍しいって? そうねえ、韓国では嫌われてるからね。でも、あたしはイヌのほうが苦手なのよ。前の職場では、職場でずっと飼っていたわ。アパートだったんで、家じゃ無理だったから」

 姉さんは、ネコの刺繍が付いたエプロンをしていた。本当にネコ好きらしい。

「俺のカニカマ、まだ?」

「可愛いでしょ? 名前は、ナビっていうのよ。韓国のネコは、全部"ナビ"よね(笑)。もうすぐ半年になるわねー」

 姉さんは、喋りながら手慣れた手つきでのり巻きを仕込み始める。業務用の、カニカマボコの封を切った瞬間、ナビが走り込んでくる。

「カニカマが一番のお気に入りなの。海産物は食べないのよ。あと、豚肉も食べないわ。牛は食べるけど。グルメなのよね」

 姉さん、「海産物」は、イカしかやったことがないとみた。まあ、豚の生肉もネコは食べなさそうだなあ。ていうか、ネコは豚の生肉大丈夫なんだっけ。

「~♪」

 韓国にも、人間に飼われている雑種ネコは存在した。しかも、時々入ってくる客はどの人も知り合いなのか、ナビにも慣れっこのようだ。なんだか、急に麗水という町に親しみがわいた朝だった。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

韓国の駅スタンプ

Pc172297

 あまりコレクションの趣味はないのだけれど、南原駅と順天駅の出札窓口に、駅スタンプが設置されていたので、押してみた。

 コレイルの駅スタンプについては、今年の9月、日本企業の現地法人に勤めるSさんに教えていただいた。それによれば、全国102の駅にスタンプが設定されているとか。南原駅などのように、窓口に設置されている駅も多いが、中には、事務室などにしまわれている駅や、別の駅で保管(!)されているケースもあるそうだ。

 Sさんによれば、全国約90駅のスタンプを集めたものの、旅客の取扱をやめた釜山鎮駅のスタンプが行方不明で、コンプリートは難しそうとのこと。

 行方不明は残念だけど、こうやってみると、韓国でも鉄道旅行の楽しみはそれなりに定着していることがわかる。

 ちょっと、僕も集めてみようかな。

Pc172271
来週火曜に新駅舎へ移転する順天駅の窓口に設置されていたスタンプ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.12.17

麗水の宿探し

Pc172274

 寝坊しながらも、なんとか予定の取材(というかネタ集め)を終了し、到着したのは全羅南道麗水(ヨス)。今日はここに宿泊する。

 ソウルから時間的距離が最も遠いこの町に泊まって、本当に明日帰国できるのか心配だが、本当はもっと心配なことがあった。

 駅周辺に、まともな宿泊施設があるだろうか。

 麗水駅は、歴史的な経緯から港のすぐ横にあり、町の中心からはかなり離れている。5年前に訪れた時は、駅周辺にまともなモテルが全然なくて、閉口したものだ。さあ、今はどうなっているのだろう。

Pc172278

……なんにもねぇ。

 写真中央左の緑のネオンは、一応旅館だ。駅前に見えるモテルはここ一軒。まあ、留学生時代ならここでもいいだろうけど、部屋でのネットはまず無理だろうな。

 それにしても、本当に何もない。

Pc172280

 駅前通りをしばらく歩いて、やはりないようならバスターミナルのほうへ行ってみることにしよう。

 ところが、予想に反して、比較的きれいなモテルを発見した。おばちゃんに聞いてみると、PCもあるという。4万Wを払って、無事チェックイン。

Pc172284

 そして、テレビを付けてみると、あら不思議。日本語が聞こえてくるではないか。

Pc172289_2

 おおっ NHK! 何もない駅前とかいってすみませんでした!

Pc172287

 ……色が反転状態だった。どうやら、未契約チャンネルらしい。

 それでも、音声はちゃんと聞こえる。何もないとか言って麗水をばかにしたが、今回の旅で最も充実したモテルであった。

 たった今、伊豆で地震発生。けが人がいないことを祈る。

 明日の夜、帰国の予定だ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

全羅線書道駅

Pc161060

 氷点下7度の、凍えるような朝。

 書道(ソド)という、文学的な名前の駅を訪れた。

 小さな集落にある駅には、誰もいない。書道駅は、7年前に線路付け替えによって移転しており、今はこの場所にはないからだ。移設当初、旧駅は撤去される予定だったが、「魂火(혼불)」という韓国で有名な小説の舞台となったこともあり、地元南原市が買い取り、1932(昭和7)年の開業当時の姿に復元された。

 鉄道趣味がさほどメジャーではない韓国だが、廃止された駅や線路を、鉄道公園として残す取り組みは、思いのほか活発だ。

Pc161066

 駅構内は、ほぼ現役当時のままの姿で残されている。駅から100mほど離れた踏切脇には、今はやりのレールバイクが並んでいた。暖かい季節には観光客で賑わうのかもしれない。

Pc161310

 駅舎は、一見かなりの年代ものに見えるが、前述の通り移転・廃止後に復元されたものだ。窓越しに中を覗くと、汽車時間表の黒板も再現されており、かなり真面目な復元駅舎である。外観も、新村駅などのようにやたらとピカピカにすることもなく、この駅が過ごしてきた、長い時間を感じ取れる建物になっていた。駅舎だけでなく、倉庫などの附帯施設も復元されているのが嬉しい。

Pc161209
現役の駅としても使えそうな、駅舎内の様子。中には入れないが、説明板なども見え、公開されることもあるようだ。

Pc161264
貨物ホームの向こうに見える小屋は、保線詰所。これも復元されたもので、ひとつひとつ説明板が設置されていた。

Pc161357

改札前には、腕木式信号機の信号てこが保存されている。立った状態にある「てこ」には、左からハングルで「上副出(上り副本線出発)」「下通(下り通過)」「下場(下り場内)」「下副場(下り副本線場内)」「上場(上り場内)」とあり、鉄道用語が日本とだいたい同じであることがわかる。僕にとっては、実に興味深い。

Pc161349

 さて、現在の書道駅は、集落の向かい側、旧駅から歩いて3分ほどの場所にある。そちらへも、行ってみた。

Pc161168

 坂の上にある駅舎は立派だが、よく見ると、すべての入り口がふさがれている。

Pc161172

 これは、待合室の入口。貼られているのは、2008年7月1日から実施された無人化による利用方法についての案内だ。しかし、当駅は2004年7月15日から旅客の取扱を中止(全列車通過)しており、一体誰に向けた案内なのかは不明である。

Pc161178

 立派なホームには、もう5年以上列車は停車していない。この駅が移転したのは2002年。実質、2年足らずしか使われなかったことになる。

 韓国では、今、こうした列車の停まらない駅が増えている。むしろ、そういう駅のほうが現役の旅客駅よりも多いかもしれない。公社化以後、地域輸送から撤退し、都市間輸送に専念する方針とした結果である。

Pc161371
旧駅から見た、本線を走行中の上り「セマウル」

都市間輸送への特化はわかるが、こんな無駄遣いをしていて、コレイルは大丈夫だろうか。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2009.12.16

KORAILの車内弁当

Img_1417

 そうそう、これアップするの忘れてた。

 月曜日、中央線ムグンファの車内で購入した、お弁当。

 ナクチボックム(イイダココチュジャン炒め)、キムチ、ハンバーグ、海苔、ニンニクの芽炒め、ジョン、オデンなどなど9種類ものおかずが入り、ご飯と水で7000W。朝食として買ったのだけれど、ビールがほしくなってしまった。

 今年から、主要路線の全列車に連結されたカフェカーの食事メニューだが、積み込み数が少なく、なかなか買うことができなかった。

 今回の旅では、数が改善したのか、よく見かける。また、メニューも以前より豊富になっているようだ。写真の幕之内風?のほか、列車によっては「プルコギ丼」「うなぎ丼」(!)もあった。すべて7000Wで、レンジて温める仕様になっている。

 味のほうはと言えば、ご飯はぱさぱさしていたが、おかずはなかなか美味しい。この調子で、列車の名物といえるような弁当を育ててほしいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

南原市中心部のモテル

Pc150984

 本日(12月15日)の宿は、全羅北道南原市。この町を前回訪れたのは2005年5月だから、4年半ぶりということになる。

 当時、移転したばかりで周囲に何もなかった南原駅。今も、その状況は全く変わっていなかった。

 バスで市内に入り、繁華街をうろついて見かけたモテルに入った。

Pc150993

 こんな感じ。いかにも怪しげだけれど……

Pc150991

 中に入ってみると、こんな感じでまずまずだ。宿泊料は、3万5000W。4年前に宿泊した、市外バスターミナル前のモテルは、2万5000Wだった。比べてみると、面白い。

 ちょっと驚いたのが、こうした地方の古いモテルでも、今や部屋にネットに接続されたPCが備えられていること。しかも、24インチくらいの、大型ワイド液晶だ。おかけで、ここ数年、出張中にPC房に入る機会がかなり減った。

 液晶モニターは最新式だが、LAN自体はかなりアナログな引き方をしているのが楽しい。

Pc161009

 逆に、テレビは不便になった。2005年当時は、CATVであればたいていNHKワールドプレミアムを見ることができたが、現在は、NHKがSkyLifeなどのデジタル放送に移ったため、ほとんど見られなくなった。このモテルにいたっては、CATV自体が入っていないのか、なぜかKBS第一放送しか見られない。

  ちなみに、風呂はこんな感じ。

Pc161008

 予定通りなら、明日、ここにもう一泊するつもりだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.12.14

深夜のソウル

Pc140202

 そんなわけで、3ヶ月ぶりのソウル。

 成田発20時30分のアシアナ航空最終便ということで、乗客は9割方韓国の方だった。円高ウォン安になって以来、こういう比率を見るのは久しぶりだ。

 今回は、やることだけだいたい決まっていたが、手配は何もしていなかった。今夜の宿も決まっていない。

 東横インにしようかと思ったが、明日も早く、ほとんど徹夜になるだろうから、5万Wを払うのはちょっともったいなかった。

 ここはやっぱり、モテルだろう。

 23時50分に空港を発車した深夜バスは、40分ほどで市内に入った。いちおう、ソウル駅まで所要1時間10分ということになっているが、そんなにはかからないだろう。

 0時40分に、支庁近くのKAL本社前で下車。反対方向のタクシーに乗って新村ロータリーに向かった。目指すは、9月にもお世話になったヒルズモテルだ。

Pc140203

 日曜日ということで、周囲は閑散としていた。0時50分、無事チェックイン。偶然にも、9月に来た時と同じ部屋だ(笑)。

 さて、元気であれば、明日から動き回ります。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.12.13

ソウル到着

ソウル到着
気温1度。…ぜんぜん寒くないじゃん。

ソウル行きの深夜バスでソウル駅へ向かいます。

時刻表には0時発とあるのに、「成田からのお客さんがみんな乗ったら発車します」。

で、発車したのは23時50分。適当だなあ。利用するかたは気をつけてくださいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

無人

image1484750866.jpg第二ビルで全員下車。5号車はぼくだけになりました。

| | Comments (0)

今ごろ成田へ

image1434060954.jpg
今年最後の、韓国出張(ただの旅行?)へ。

成田エクスプレスに乗車中。

20時半なんていうとんでもないフライト時刻なので、今ごろ成田へ向かっています。

このお見合いシートも、もうすぐなくなるんですねえ。

金曜に戻ります。

| | Comments (0)

2009.12.11

品川駅お好みそば食べ納め

Pc100028

 打ち合わせの合間に、品川駅東海道本線下りホームの「常磐軒」に行ってきた。

 ここは、品川駅に数ある立ち食い蕎麦店「常磐軒」のなかでも、特別な存在だ。

 お好みそば(うどん)440円。

 甘めのつゆに生卵が入った、普通の月見そばだが、すごいのはここからだ。

 カウンターにずらりと並ぶ、具の数々。ねぎ、わかめ、かつおぶし、ちくわ天、ゴボウ天、天かす、秋刀魚唐揚げ、里芋とニンジンの煮物といった顔ぶれで、一部は日替わり。これがすべてセルフサービスで好きなだけ入れ放題だ。

 これぞ、品川名物、お好みそばである。

 ホームのややはずれにあり、通勤客でない僕にとってはわざわざ食べに行く、という感じのロケーションだが、学生の頃から何度もお世話になってきた。正直、ものすごく旨いそばというわけではないが、チェーン化が進む最近の駅そばよりは、ずっと好きだった。

 しかし、この店も、来週水曜日で歴史の幕を閉じる。

Pc100029

 理由は、東海道線ホームの改良工事。しかし、工事終了後の再開予定はないという。鶴見、平塚と、ここ1年ほどで東海道本線から老舗の駅そば店が立て続けに閉店しており、なんとも残念だ。

 店のおばちゃんに話を聞きたかったが、業者の人と打ち合わせ中でほとんど話せなかった。

 僕が好きな駅そば(うどん)といえば、ここ以外では信越本線黒姫駅だ。最近、昔ながらの駅そばがどんどん減っているが、あそこのキヨスクはまだ元気だろうか。

 土曜日あたり、もう一度だけ品川に行ってみようかな。

 

| | Comments (21) | TrackBack (2)

職安通り「姉妹や」で異業種?交流?会

Img_0125

 職安通りの「姉妹や」での飲み会。

 本当は、ハーブサムギョプサルが売りの店だけど、食欲に負けて写真を撮り損ねてしまった。締めに注文した海鮮鍋でお許しを。何度も行くことになりそうなので、またアップします。

 で、今回の飲み会。メンバーが面白い。

Img_0128ss

 もはやお馴染みの?向後功作さん(左)に、西川口の写真専門店「カラーのいちのせ」店主の一瀬さん(右)。さらに、

Img_0127ss

 K2プロジェクト星野佳世さん(左)と、アニメーション監督のわたなべひろしさん(右)。

 そして、写真はないけれども、鉄道擬人化で知られる、イラストレーター&ライターの恵知仁さん

 鉄道、写真、アニメのプロが集まり、食べているのは韓国料理という、なんとも自分の趣味全開な集まりでした。

 わたなべさんは、日本を代表するアニメ監督の1人。「魔法のプリンセス ミンキーモモ」、「スレイヤーズ」、「地獄少女」といった代表作があり、僕が今年おおいにハマった「クッキンアイドル アひぐらしのなく頃に」のアニメ版にも関わっていらっしゃいます。

 そのわたなべさんは、実は強力な鉄道ファン、いわゆる撮り鉄さんでもあります。さらに最近、韓国の大田を訪れ、現地のテレビ番組に出演されたとか。それを聞いた向後さんが、「栗原さんに紹介しよう!」と思いつき、今回の席につながったのでした。いやはや、人の縁というのは、どこに転がっているのかわからないものですね。

 お店は、きちんとした韓国料理が食べられて、かつ落ち着ける店ということで「姉妹や」を選択。職安通りの、ドンキホーテ隣りに位置する地下の店で、かつては荘苑カルビとして知られていました。料理の味はもちろん、丁寧に焼き方を教えてくれた後は、自分たちのペースで肉を焼かせてくれるのも、有り難いお店です。

 18時すぎから始めたのですが、盛り上がりすぎて気づいたら23時ちかく。楽しかった。

 いろいろな方に会わせてもらえることに、感謝です。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2009.12.10

グリーン車両復活

Choushi

 銚子電鉄の向後功作さんから、写メをいただきました。

 先日銚子電鉄に到着した、元伊予鉄道800系。さらにそのルーツをたどれば、1984年まで京王線で活躍していた、2010系電車です。

 このたび、京王時代にお馴染みだった、グリーン一色の塗装が復活しました。

 僕が小学生くらいまでの頃は、グリーンの私鉄電車はさほど珍しくなかったような気がしますが、こうやって見ると新鮮ですね。

 来年から、銚子電鉄での運用を開始するようです。

 また、遊びに行かなくちゃ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.12.08

「キハ」3周年パーティー

Dsc00583_3

 土曜日、水天宮のロイヤルパークホテルで、鉄道系缶詰バー「キハ」の3周年パーティーだった。

 立ち飲み屋、それも缶詰系というのに、パーティーは高級ホテルの宴会場というのが楽しい。「キハ」は、毎年形を変えてn周年パーティをやっているが、僕は今回初めて参加させてもらった。

Dsc00572_2

 仕事の都合で、30分ほど遅れて会場に到着。会場は、すでに多くの人で賑わっていた。70人くらい集まったらしい。僕も、それなりによく行っていると思っていたのだが、こうしてみると初めてお会いする方も多かった。まだまだ、客として未熟ということか。

 久しぶりのホテルランチということで、たっぷり食べようとお腹を空かせてきたのだが、すでに、料理はほぼカラであった。

 まだ始まってから30分しかたっていないよね……。

Dsc00466_2

 さて、会場には、なんだかよくわからないが群馬県の「ぐんまちゃん(二代目)」が特別ゲストとして来場されていた。可愛い顔をしているが、実は先代の「ぐんまちゃん」から名前と県代表の座を奪ったしたたか者である。今回はカップルで参加ということで、そのアツアツぶりが印象的だった。

 さて、パーティーでは、「2009キハ・モデル王選手権」も開催された。というか、もともとはこのコンペ企画のほうが先に決まっていたらしい。

 テーマは:「カップ酒・缶詰バー『キハ』」。サイズや表現方法は自由とのこと。この店らしく鉄道模型をアレンジする人が多かったが……。

 僕が投票したモデルは、これ。

Dsc00577_2

 いやあ、こんなお客さんが来るなら、もっと通いたいですねw

 見た瞬間、つい票を入れてしまった。

 各ノミネート作品には、どれが誰の作品かは書かれていなかったのだが、優勝したのは、なんと助役(店長)の作品。賞品は、「獲得した特典×100円分の『キハ』飲食権」だったはずだが、これはどうなるのだろう?

 14時から始まったパーティは、 16時すぎに無事終了。2次会会場の「キハ」へ向かうため外に出ると、お約束のようにどしゃぶりだった。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Google音声検索

昨日リリースされた、iPhone用のGoogle音声検索。

iPhoneのマイクに向かって喋ると、その単語で検索してくれるというものだ。

早速、試してみた。

Img_1327

Img_1343 Img_1339

……すごい。これら、全部一発認識だ。

明け方に、iPhoneに向かってボソボソと「よんじゅうびょうでしたくしな」と言うのはなかなか恥ずかしかったが、凄いことに変わりはない。

では、人名はどうだろう……ということで、仕事関連の知り合いの方々を中心に、いろいろな人物名をつぶやいてみた。

Img_1318

Img_1319

Img_1324 Img_1329

Img_1334

ここまで、ほぼ100%。この前入れてみた、「しゃべったー」の認識精度をかなり上回る。つぶやくのが恥ずかしい、というのはともかく、かなり実用的な音声認識だ。

最後に、自分の名前もつぶやいてみた。さてさて。

Img_1344

あれ、けっこうきれいにまとまっちゃったな。まあ、Google音声認識検索は、すごい!という話でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.12.06

尾盛駅冬季休業

N0009

 大井川鐵道井川線の接阻峡温泉-閑蔵間が、今度の月曜から来年2月末まで、工事のため運休となるそうです。

 で、画像は、その代行バスの案内。

N0010

「道がないから、バス停は作らないよ」で済んでしまう、尾盛駅。

今年は熊が出たりして騒動になったが、いつまでも日本屈指の秘境駅として存在しつづけてほしい。

来年は、また降りられるようになるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.05

Google日本語入力

 僕も、ノートのほうに入れてみました。話題の「Google日本語入力」。

 無料で導入できる、日本語変換ソフトだ。

 詳しい説明は、その辺のサイトに任せるとして、ライターとして感想を書いてみる。

・タダとして考えると優秀な変換。

 でも、ネットスラングが多すぎて、日本語が乱れる元にならないか、ちょっと不安。さすがに、「ふいんき(ry」はでなかったけど、この予測変換はどうかと思う。

だが、この変換候補は、なかなか素晴らしい。基準規定まで候補に入ってくるとは。

こちらは、なんだかよくわからない変換候補。

残念だったのは、これ。

惜しい。それを言うなら、「ザクとは違うのだよ、ザクとは」だろう。撥音便を使ってはイカン。

・遅い。

 ちょっと使ってみた感じでは、「少しひっかかりがある」という感じなんだけど、原稿書きのペースでザクザク書いていこうとすると、かなりストレスがたまる遅さ。特に、予測変換候補を呼び出すときに時間がかかっている印象だ。

 感想としては、これで予測変換呼び出しのスピードが3倍になって、誤用などの指摘が入れば、相当に優秀なIMEになりそうだ、という感じ。

 物書きとしては、やはりATOKからは離れられないが、一般的な用途ならこれで十分かもしれない。もっとも、一般的な用途ということなら、標準のMS-IMEだってそこそこ有用であって、Google日本語入力がどれだけ普及するかは、未知数だ。Googleノートのように、一部に愛用者がいるマイナーなサービス、というあたりに落ち着くのではないかと思う。

 入力された語句の傾向を分析して、それにマッチした広告が表示される…なんてことになったら、恐ろしそうだ。一応、Googleとしては、個々の入力文字のデータは収集しないということだけど、本当かな。

 ATOKから、3200語に及ぶユーザー辞書を移してみたけど、やっぱり現状はATOKに敵わないという結論だ。遊び用に1台自作したら、いれてみてもいいかもしれない。次のバージョンに期待しよう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.12.04

ただいま国会図書館

image1034911720.jpg一週間休んでしまいました。

今年最後の、少々忙しい日々を送っております。

ここは、国立国会図書館の食堂。

新国会丼なるメニューをいただきました。

なんでも、親子丼の上にカツがのっているということで、「親子(世襲)にカツ(勝つ)」という、新政権の公約を表しているんだそうですよ。

健康に悪そうですなあ。

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »