« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.27

世界選手権、ノルディック複合団体日本優勝!

 おめでとう!

 チェコのリベレツで行われている、ノルディックスキーの世界選手権。ジャンプと距離で行われるノルディック複合の団体戦。日本は、前半ジャンプで5位につけ、後半の距離で逆転。金メダルを獲得した。

 後半距離、残り4キロでドイツ、ノルウェー、日本が団子状態のデッドヒート。

 最後は、小林とドイツの選手が同着、しかし鼻差で日本の大逆転となったらしい。

 小林範仁、湊祐介、加藤大平、渡部暁斗の4人で得た金メダル。NHKニュースで見てびっくりした。かつて、荻原健司が君臨した時代は、日本の複合といえば、前半ジャンプで差をつけ、後半距離で粘って優勝というのがパターンだった。

 それが、後半距離で逆転しての優勝。しかも、エース高橋大斗をはずしての結果だ。

 新しい時代が来たのだろうか。

 久しぶりに、複合を見に行きたくなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.26

『鉄子の旅プラス』

tetsuko07

 小学館から、『鉄子の旅プラス』が発売。さっそく購入した。

鉄子の旅』は、小学館月刊IKKI』で、2002年から2006年にかけて連載された、菊池直恵さんの漫画作品だ。連載中からジワジワと人気を集めていたが、2007年にアニメ化され、むしろ連載終了後に人気が出た。「ガンダム」しかり、「ヤマト」しかり、終了後にブレイクする作品は、歴史に残る。『鉄子の旅』も、そんな名作のひとつになった。

 さて、今回の単行本は、連載終了後の読み切りや、アニメDVDの限定版の特典だった作品などを中心に収録している。通常の『鉄子の旅』とは方向性が異なることから、7巻ではなく「プラス」となった。

 僕が、この作品にちょっとだけ近づいたのは、2007年6月。アニメ化を記念した銚子電鉄ツアーに、同行記者として参加したことがきっかけだ。今では韓国よりも鉄道の仕事のほうが多いが、この作品がなければ、今の状況はなかった。そんな思いもあって、懐かしくページをめくった。

 中でも懐かしかったのが、DVD紹介の下りで登場する、東映ビデオ宣伝部の”仙人”さんだ。秋葉原で偶然豊岡真澄さんのイベントに遭遇した際、「ぜひ取材してブログなどに書いてくださいよ」と誘ってくださったのが、この方。「鉄子電車お披露目ツアー」が決まった時、プレスリリースよりも早く、直接電話をくださったのも、”仙人”さんだ。それにしても、本当にご本人にそっくりである。鉄子が一段落して、最近はご無沙汰してしまっているが、またぜひ仕事でご一緒したいものだ。僕たちの仕事は、こうして人のつながりが次の仕事につながっていく。

 さて、その内容は、ぜひ実際に手にとって読んでみてください。正直に言えば、僕はこの本が出ると聞いた時から、心のどこかで「これは”鉄子&鉄道ブーム”が生み出した産物だ」と思っていた。『鉄子の旅』という作品にとって、普段とは明らかにノリの異なるこの本は、もしかして蛇足なのではないかと。

 しかし、ラストの3ページを読んで、それが大変な思い違いだったことに気がついた。菊地さんは、これを描きたかったに違いない。『鉄子の旅』は、幸せな作品だ。「蛇足」なんて考えて、本当に申し訳なかった。

 2002年から、足かけ8年に及んだ『鉄子の旅』は、ここにきれいに完結。楽しませてくれて、ありがとう。お疲れ様でした。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2009.02.25

iPhone、値下げ

iphone101

昨年、鳴り物入りで登場した、アップル&ソフトバンクのiPhone3G。僕のまわりでは、デザイナーや編集者を中心に普及していったが、世間的には、あまり話を聞かなくなっていた。好きな人が買う特別なiPod。そんなイメージが定着していた。

売れ行きランキングからも姿を消し、危機感をもったのだろうか。ここに来て、大幅なキャンペーンを発表した。キャンペーンというが、実質値下げである。その名も、「iPhone for everybody」。

従来のiPhoneは、16GB版の場合、機種代金実質負担額が1440円(新規契約の場合)、ホワイトプラン980円、S!ベーシックパック(i)315円、パケット定額フルの上限5985円という具合に、毎月合計8720円がランニングコストとしてかかっていた。

それが、今回のキャンペーンでは、2年契約の縛りはあるものの、実質負担額が480円(8G版は0円)に値下げ。ホワイトプランとS!ベーシックパック(i)はそのまま、そしてパケット定額フルの上限が4410円となった。合計、6185円で維持できることとなり、2535円もの大幅値下げとなった。

一言で言えば、通常の携帯電話、それもシンプルな普及モデルの維持費と全く同じになったというわけだ。

ソフトバンクの高機能シリーズ、9xxシリーズよりも維持費が安くなってしまったわけで、iPhoneはそんなに売れていないのだろうか。それとも、新型が出る前触れ? 6月頭に新型が出るとかんがえるのが、自然かもしれない。

月8000円越えでは、全く食指が動かなかった僕だが、このニュースを見て、ちょっとどきどきしてしまった(笑)。ソフトバンクからMNPしちゃったし、多くの友だちから、「タダともじゃなくなって残念」って言われたしなあ……。使わなければ、月2000円台維持できてしまうわけだ。iPod Touch相当のPMPを買ったと思えば……。あっ、トイカメラ風の写真が撮れるソフトとかあって、すごく面白そうだったな……。

おっとっと、あぶないあぶない。孫正義め。やるな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.23

UQ WiMAXモニター結果通知

栗原 景 様

このたびは、UQ WiMAXモニターに、ご応募いただきありがとうございました。
応募者多数のため、今回は残念ながら栗原 景様のご希望におこたえできない結果となりました。お忙しい中、ご応募いただきましたにもかかわらず、ご要望に沿えず誠に申し訳ございません。

弊社は、2009年7月の東名阪へのサービスエリア拡大に向け、さらなるエリアの充実を図るとともに、多様なWiMAX対応機器が利用可能となるよう準備を進めてまいります。
また、弊社では現在、各種キャンペーンの実施を検討しております。実施の際には、栗原 景様に、メールにて各種お知らせやキャンペーンのご案内を差し上げたいと考えております。

くそう、個人情報を提供しただけで終わってしまった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新刊『新幹線の車窓から』3月19日発売

shinkansen01

ベッタベタなタイトル(笑)。3月19日、メディアファクトリーから新刊を出します。

●書名:『新幹線の車窓から』
●著者:栗原 景
●判型:新書判
●定価:1000円(税込)
●ページ:128ページ(カラー112ページ、モノクロ16ページ)
●発行・発売元:㈱メディアファクトリー
●発売日:2009年3月19日(木)

■内容
東京←→新大阪の2時間半が100倍楽しくなる本!
東海道新幹線の珍車窓・迷車窓100選。
逆方向に見える富士山、線路脇の看板、謎の恐竜、気になるモノの正体が、すべてわかる!
新幹線の車窓をぽーっと眺めていると、「いまのナニ!?」と言わずにはいられない何かが、目に飛び込んでくることがある。
本書は、そういった疑問に答えながら、見過ごしたソンをする「東海道新幹線の珍車窓・迷車窓」を、100連発でお届けする一冊!
巻末には、全停車駅紹介や、車窓をもっと楽しむためのチケット購入術なども収録。

 えーと、これは、東海道新幹線の電車から見える、きれいなもの、おもしろいもの、意味のわからないものを100個紹介する、新幹線の車窓風景をより楽しむための本です。

 東海道新幹線の車窓風景をテーマにした本はいくつかありますが、その多くが、沿線の名所旧跡を紹介するものでした。

 この本では、そうした定番の見どころだけでなく、変な看板とか謎のタワーといった、見過ごしてしまいそうだけど面白いもの、つい気になるんだけど、よくわからなかったものをたくさん紹介しています。

・米原には、山の中にトト×がいる?
・畑の中に突然現れる「プ○プ○」?
・新幹線に乗っているとしょっちゅう見かける、あの看板の正体は?
・新幹線の沿線には、どうして煙がたちのぼっている?

 などなど、実にどうでもいい情報がいっぱい。新幹線に乗りながらこの本を開けば、きっと2時間半の旅が何倍も楽しくな……ったような気が、もしかしたらするかもしれません。

 この本の取材のために、僕は正月から東京と新大阪の間を何度も往復しました。あるときは、一番端のデッキでカメラを構え、あるときは客席でストップウォッチを握りしめ……。いったい、周囲からどんな乗客に見えたのでしょうか。考えるだけで、なにやらワクワクしてきます。

 ちなみに、僕の本にしては、やけに天気がいい写真がたくさんあります。これは、雨男の神様に打ち勝つため、1年のなかで快晴の確率がもっとも高いといわれる元旦に撮影したもの。おかげで、きれいな富士山を撮影することができました。元旦に出かけていなかったら、富士山なしの本になるところでした。

 発売はもう少し先ですが、書店で見かけたら手に取ってみてください。

| | Comments (22) | TrackBack (0)

Googleニュースと「紙copi」で構築する記事データベース

ggn01

普段の資料集め、ネタ探しに欠かせないサービスが、Googleニュースだ。600以上のニュースサイトから自動的にニュースを収集し、分野別に一覧を作ってくれる。

通常のGoogleニュースは、「社会」「政治」といったカテゴリーに分かれているが、僕は、これをカスタマイズして使っている。

ggn02

キーワードを指定することで、自分だけのカテゴリーを作ることができるのだ。

ggn09

例えば「鉄道ニュース」なら、「”鉄道”または”新幹線”という単語を含む日本語の記事を抽出し、最新の9件を表示する」といった具合。「旅行」なら、「”旅行”、”観光”、”旅館”、”ホテル”、”温泉”のいずれかの単語を含む日本語の記事を抽出し、最新の9件を表示する」としている。

ggn10

その結果、画面に表示されるニュース一覧は、こんな感じだ。なかなか的確に抽出してくれるのがありがたい。

ggn03 

韓国語のニュースサイトに対しても、韓国語でキーワードを指定できる。ラベル名「韓国の鉄道」は、「기차(汽車)、철도(鉄道) 、KORAIL、KTX、지하철(地下鉄)のいずれかを含む、韓国語のニュース」と指定。最近は、KTX東大邱-釜山間の工事に絡む疑惑ばかりがヒットするが、手っ取り早く、あちらの鉄道ニュースをつかむことができるので便利だ。

ggn05

さて、こうして効率よく収集したニュースは、シェアウェアの「紙copi 」でス保存している。1999年にはじめてリリースされた時から使っているソフトで、ウェブサイト上の好きな場所を、自由にスクラップ(保存)できるので、とても重宝している。

ggn06

「紙copi」が起動している状態で、InternetExplorer上の保存したい部分を選択し、自動的に画面に現れる保存箱へドラッグ&ドロップすると……

ggn07

こんな風に、その部分だけを、ハードディスクに保存できる。画像やFLASHを一緒に保存したり、テキストファイルで保存することも可能だ。保存したファイルに対して、全文検索をかけることもできる。

ggn08

Googleニュースで効率よく見つけた記事を保存していくだけで、いつのまにかデータベースができあがる。実に便利な世の中になったものだ。これら膨大な数のニュースが、ほとんど無料で手に入るというのは、世の中間違っている気がしないでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.21

ブルートレインのおみやげ

Fuji201

 「富士・はやぶさ」にお別れ乗車してきた友だちからいただいた、このグッズ。

 ブルートレインのペーパークラフト……ではなく。

Fuji203

 バームクーヘンだ。見た目は、巨大なヨックモック・シガールという感じ。甘すぎず、食べやすいのがいい。

 こういう記念グッズは、使ったり食べたりせずに保存するという人もいるけど、僕はあくまで消費する派。整理整頓ができないので、食べるしかないとも言う。

 仕事もようやく落ち着いてきた。疲れた頭に、ぴったりのお菓子だった。

Fuji202

 しかし、ブルートレインは、夢しか残さなかったのかなあ。

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.02.18

ドコモSH906i導入

Sh906i

 目にもとまらぬ早業で、ドコモにMNPしてきた。

 いや、そんなに急ぐつもりもなかったのだが、都内の某ドコモショップで、今日から2008年夏モデル(最新機種の1モデル前)である706/906シリーズが新規バリュー一括0円で売り出されるという情報をキャッチした。

 去年の暮れに、「街中の販売店に行くと、1世代前の高機能端末を、「バリュー一括」9800円程度で購入できる」と書いたが、それがとうとう0円になってしまった。

 3月半ばごろから春商戦が始まれば、現行シリーズも怒濤の値下げが始まるはずだ。しかし、ドコモに変えるなら、渡韓のスケジュールなどを考慮して、3月上旬には済ませたい。このタイミングだと、906シリーズは在庫切れ、現行シリーズは値下げ前という最悪の事態も考えられる。

 0円なら、それ以上の値下げはありえない。じゃあ、買ってしまえ、と(笑)。

 そうして、購入したのが、シャープのSH906iだ。

 半年前に発売された、当時のドコモのフラッグシップ機だ。3G/GSMデュアル対応、タッチパネル液晶、ワンセグ、GPS、おサイフケータイ、顔認証付き500万画素カメラ、Bluetoothと、その時点で考えられる機能がてんこもり。いくら型落ちとは言え、こんな機械が0円でばらまかれていいものだろうか。

 バリューコースは、以前も書いたように、「端末の代金はちゃんといただきますよ、その代わりに通話料をお安くします」というプランだったはず。しかし、激しいシェア争いの結果、結局端末代は0円になってしまった。

 ダンピングとも思える安売り攻勢に出られるのは、やはり5000万もの顧客を抱える超大企業の強みなのだろう。

 さて、そのSH906i。たしかに高機能だ。通話品質も申し分なく、液晶の画質や、細部の作りもしっかりしている。基本的には大変満足度が高く、これなら、2年は機種変更せずに使っていけるだろう。

 だが、動作レスポンスは、2年間使ってきたソフトバンク905SHに及ばない。メニュー操作でもメール入力でも、ほんの少し、ワンテンポ待たされる。さらに、今どき文字のインライン入力ができないとは驚いた。記号入力で、句読点が音引きや「~」の後にあるというのも、どうなんだろう。

 天下のドコモは、端末も圧倒的に洗練されているのだろうと思っていたが、必ずしもそういうわけではないようだ。

 初代アクオスケータイ、ソフトバンク905SHが、いかに優れた、使いやすい端末だったか、今さらながら感心した。

 さて、そう言うわけでソフトバンクを解約してドコモに移ったのだが、電話番号は、MNPのため従来と同じ「080-3xxx-xxxx」だ。アドレスは、「xxxxxxxxxxx@softbank.ne.jp」だったのが、「xxxxxxxxxxx@docomo.ne.jp」に変わった。@の後ろがdocomoになっただけで、それ以外は同じ。

 知り合いの皆さま、なるべく個別にご連絡しますが、どうかアドレス帳の変更をお願い致します。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

昼下がりのなんたら

成人向けです。

Ougimachi01
「奥さん……、ずっと、あなたのことが」 「ハァ?」

Continue reading "昼下がりのなんたら"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.16

docomo、海外プラスナンバー発表

 前言撤回。ドコモに移転します。

 ドコモが、ごくごく一部の人にとって衝撃的な新サービス、「海外プラスナンバー」を発表した。

ドコモニュースリリース

 これは、海外ローミング(GSM)に対応したドコモの携帯電話で、韓国KTFの番号を持てるというサービス。日本の携帯と、韓国の携帯のダブルナンバーが実現した。

 このサービスを利用すると、韓国KTFの番号(010-)が与えられる。この電話機を持って韓国へ渡航し、事業者を手動でKTFに設定すると、その電話機が韓国の携帯になる。

 通話料も、従来のローミングよりも割安な料金が適用され、韓国内の通話であれば1分20円(従来は50円)、日本にかけても1分60円(同125円)と国内通話に近い料金が適用される。さらに、韓国内で、KTFの番号で着信した場合は、着信転送料がかからない(ドコモの番号で着信した場合は1分60円)。

 SMSをはじめとするメールやウェブには適用されないのが残念だが、元々ドコモの国際データ通信は、1日あたり12万パケットまで2000円で使える、準定額制。1万パケットまでは0.2円で計算されるので、国内でパケット定額を使わない場合とほぼ同じだ。メールを使う分には、問題ない。iモードは別立てで、1回の通信につき50パケットまで50円、50パケットを越えた分は0.2円パケットとのこと。まあ、これでもソフトバンクよりは安い。

 これで、ずっと悩んできた「韓国での携帯をどうするか」という問題が一挙に解決する。料金が安いのもいいが、恒久的に韓国の番号を持てるのが素晴らしい。月額基本料の300円は、安すぎるくらいだ。

 韓国に強いと言われる?ソフトバンクも、今回ばかりは即時の追従は難しいはず。

 831SHは魅力的な端末だが、これは、ドコモへ移転するのが良さそうだ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

ソフトバンク831SH

831sh

 以前、ドコモへのMNPを考えていると書いたが、当面ソフトバンクを使い続けることにした。

 よく調べたら、次回機種変更時に使えるポイント類が、かなりあったからだ。3月末まで機種変更しなければ、たまっているポイントやキャッシュバックを併せて、2万7000円ほど値引きをしてもらえる計算になる。

 この不景気の世の中、1円といえども無駄を省き、賢い消費生活を送らなくてはならない。

 実は、今ほしい機種がある。

 金曜日に発売された、シャープの831SHだ。

 これは、ワンセグ、おサイフケータイ、320万画素AFカメラ、世界対応、ブログ投稿機能、名刺読み取りといった、僕にとって大事な機能を網羅し、打ちやすいキーと軽快な動作速度を備えているこの春の主力商品だ。これだけの機能を備えた新機種ながら、値段は月額480円の24回払いと、かなり安い。

 僕は、前述の通り2万7000円分の権利を持っているので、トータルでは、このまま今の機種を使い続けるよりも安くあがるはずだ。ただし、4月以前に機種変更をしてしまうと、ポイントの関係で1万円近く割高になってしまう。ここは、じっと我慢の子である。

 さて、事務所へ戻る道すがら、831SHのホットモック(実際に操作できるサンプル)を触りに量販店に寄ってみた。

 噂に違わぬサクサク感に感心していると、販促なのだろう、ソフトバンクの白い服を着た、女性の店員さんが近づいて来た。「ご説明しましょうか」という声かけには、慣れている。これで心が動くことはない。

 が、その店員が発した言葉は、意外なものだった。

店員「シグマの30mmお使いなんですかー。私もなんですよ」

Continue reading "ソフトバンク831SH"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2009.02.15

銀座の踏切から築地市場へ

Tsukiji00_2

 電通本社ビルの隣に眠る、踏切警報機。

 銀座に、ただ一つ残る踏切だ。といっても、ここに線路はない。かつて汐留駅(現在のシオサイト)から築地市場内の東京市場駅に入っていた貨物線の跡。1984年1月限りで貨物線は廃止されたが、この警報機だけが、地元の強い要望によって残された。


大きな地図で見る

Tsukiji01

 写真を撮っているのは、このブログにもよく登場する鉄道アーティストの小倉沙耶さん。3月で廃止される寝台特急「はやぶさ」の取材で東京に来たので、ご案内した。僕自身も、ここに来るのは十数年ぶりだ。

 この地に線路が敷かれたのは、築地市場が開設された、1935(昭和10)年のこと。汐留貨物駅の奥から1.1 kmの線路が延び、市場に入っていた。

1974(昭和49)年当時の空中写真はこちら


大きな地図で見る

 築地市場は、上空から見るとバームクーヘンのようなカーブを描いているが、このカーブの一番外側(GoogleMAP上、赤い屋根の外側)に線路があった。毎日、生鮮食料品を満載した貨物列車が全国から築地市場へ直通していたそうだ。

Tsukiji03
東京都事業所の建物の右、斜めの屋根がある所に線路が入っていた

 しかし、物流の主役が鉄道からトラックへと移ると貨物列車は次第に減り、1984(昭和59)年1月31日を最後に、貨物線は廃止された。

 現在、築地市場の豊洲移転問題が議論されているが、築地から市場を移転させる理由の一つが、この鉄道を前提とした構造にあると言われている。トラックの駐車スペースが、絶対的に足りないのだそうだ。

 築地市場の入口まで歩いた後、場外市場を訪ねてみた。日曜日とあって、観光客は多いが、開いている店は少なかった。

Tsukiji04

 懐かしい雰囲気の漂う場外市場。しかし、歩いてみると老朽化は隠せない。心情的には、築地に残ってくれれば、と思うのだが……。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2009.02.14

事故?

 中野から電車で移動しようとしたら、消防車が駅に集まってきた。

 まさか、また人身事故か……と思ったが、救急車がいない。駅周辺でのぼや騒ぎだろうか。

 上り快速線の8番ホームに上がると、隣りの6番ホームで、消防隊員と駅員が、ホームの下をのぞき込んでいるのが見えた。その視線の先には、赤い……

 いや、ピンクの消化剤がまかれている。

 調べてみると、ホームしたから発煙したのだという。ケーブルか何かが、ショートしたのかもしれない。

 この影響で、中央快速線は各駅で一時運転見合わせ。

 僕の前には、201系がやってきた。

DSC01807

 東京駅満線のため、新宿駅でもしばらく停車。おかげで、また何枚か写真が撮れた。不幸中の幸いというやつか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.13

校正中

kousei001

 今やっている単行本が校了間近。渋谷のデザイン事務所で、徹夜で校正中だ。著者校はほぼ終わり、今は編集の方がチェックをしてくれている。

 来月半ばには発売になるだろう。今年最初の単行本だ。

 それにしても、今日、というか昨日はハイテンションなスケジュールだった。

 朝8時の「のぞみ」で新大阪へ。滞在30分で、すぐUターン。京都、名古屋、新横浜、品川と下車し、最後に東京駅に戻ってきたのが、15時半ごろ。その足で渋谷のデザイン事務所にやってきて、今に至る。

 こんな、珍しい?きっぷも使った。1000円もするのか……。

Img_3050

 怒濤の仕事は6時過ぎに終わり、事務所へ。そのまま夜まで、居眠りを繰り返しながら働きましたとさ。

 これで、山積みの仕事がひとつ、一段落した。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.11

一太郎2009&ATOK2009

Atok2009

 さて、ばたばたと忙しくしているうちに、今年も恒例の一太郎ATOK新バージョンの発売日を迎えた。

 僕は、一太郎とATOKを愛用している。今使っているのは2007。日本語変換ソフトのATOKは、これがないと全く仕事にならないし、一太郎も、原稿作成には欠かせないアプリケーションだ。昨年の2008は、一太郎、ATOK共にパスした。

 2年ぶりということで、そろそろバージョンアップしようかとも思ったのだが、一太郎に関して言えば、今年は少々魅力に乏しいようだ。魅力的な新機能は強化された添削機能と、文字をなめらかに表示するcleartype対応、そしてUTF-8に対応したことくらい。その他の、一新されたデザインやPOP文字作成といった新機能は、原稿作成が中心の僕にはあまり関係がない。添削機能は魅力だが、6000円を出すにはちょっと躊躇する。

 一方、ATOKは魅力的だ。こちらは、変換性能のアップを体感でき、毎年バージョンアップするだけの価値がある。昨年からは、月額300円の定額制もスタートし、ATOKだけを毎年バージョンアップするなら、こちらのほうが割安だ。

 ひとまずは、定額制ATOKの体験版を導入した。今月いっぱいはこれで過ごし、一太郎を買うか定額制ATOKを使い続けるかは、来月判断しよう。

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

予告編

さてさて、今はこんなことやってます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.02.09

プチクラス会第二弾

dousou01

 丸ノ内Oazoの日本料理店で、高校のプチクラス会第二弾。前回は5人だったが、今回は8人に拡大。しかし、相変わらず男ばかりである。

 この仕事をしていると、周囲は独身だらけだが、このクラス会では、8人中独身は僕とあと一人だけ。早くに結婚したQくんには、前回に続いて、今日も説教されてしまった。

「くりもさあ、そろそろご両親を安心させてあげないと。ねえ」

 うーん、それもわかるけど、親を安心させるためにするもんでもないしね。

「結婚相談所とか、今はけっこう信頼できるらしいよ」

 いや、そういう問題ではなくてだね……。 

 ま、なにはともあれ、高校時代の友人はやっぱりいいもんだ。今回も、事務所に帰るつもりが、終電まで飲んでしまった。

 そろそろ、放送部もまたやりますかねえ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.02.03

WiMAXサービス正式発表

Uq01

 KDDIが推進するWiMAX事業、UQcommunicationsがサービスの詳細を発表。2月26日から、東京23区・横浜市・川崎市でサービスを開始する。

 要するに、次世代の高速モバイル通信サービスだ。イー・モバイルなどの既存モバイル通信キャリアが、理論値7.2Mbpsであるのに対し、UQは40Mbps。実効速度も下り16Mbps程度を見込んでいるという。

 料金体系は極めてシンプル。月額4480円の完全定額制、契約期間による縛りはなし。端末は、データ通信ユニットのみで、1万円台前半となるようだ。

 実効速度にもよるが、10Mbps前後が安定して出てくれるだけでも、魅力的なサービスだ。事務所で仕事に使っているブロードバンドとほぼ同じ条件で、モバイル通信ができることになる。

 さすがKDDI、お金を持っているなと感心させられるのが、お試しモニター期間だ。6月末まで5000人にデータ通信ユニットを無償で貸し出し、通信料・登録料・解除料一切無料とするという。早速、応募した。僕の場合、イーモバイルを辞めるわけにはいかないが、4カ月無料で試せるのは魅力的だ。

 次は、PHSのウィルコムによる次世代PHS通信サービス、WILLCOM COREが待っている。こちらは、3800円くらいで20Mbpsを目指してくるはず。心情的には、ウィルコムにもっと頑張ってほしいところだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キングソフトオフィス2007plus

Ko2007b

 久しぶりに、キングソフトオフィス(KINGSOFT Office)の話。

 一昨年の春、正式版がリリースされた、キングソフトオフィス2007。中国のキングソフトがリリースした、マイクロソフトオフィス2003互換のオフィススイートだ。

 βテストのときに、何度かバグレポートや要望を送ったおかげで、正式版リリースの際、1ライセンス当選していた。

 これで権利的には大丈夫なのかというくらい、マイクロソフトオフィスにそっくりなのだが、僕の場合はひとつ問題があった。

 それは、表計算ソフトの多言語対応だ。

 ハングルを入力しようとするとインライン入力にならず、さらに印刷するとハングルが文字化けした。

 キングソフトに問い合わせると、「Spreadsheet2007は、多言語には非対応」との解答だった。

 ハングルが使えないのではしょうがない。かなりつかえるアプリケーションだったが、結局その後、デスクトップを更新した時にマイクロソフトオフィスを購入した。

 それから、ずっと使わなくなっていたのだが、いつの間にか、「キングソフトオフィス2007plus」にバージョンアップしていた。

 試しに、ノートpcに導入してみると……

 ハングルが使えるではないか。インライン入力OK、印刷も、問題ない。

Ko2007a

 アップデート情報には書いていないが、密かに多言語に対応したらしい。

 僕は、マクロはまず使わない。これで、ほぼオフィス2003と同様につかえることになった。

 ノートのほうは、ずっとOpenOffice.orgで頑張ってきたが、これは、いいかも。乗り換えようかな。

 それにしても、「おすすめ本」に「できるWORD/EXCEL2003」を指定して、差分pdfを用意するとは、清々しいほどの模倣っぷりだ。

Ko2007c

| | Comments (5) | TrackBack (0)

コインランドリーでモバイル

Cl01

 最近、深夜のコインランドリーモバイルにはまって?いる。

 24時間営業のコインランドリーで洗濯をし、待っている間に仕事を進めるのだ。

 この歳になってくると、流石に徹夜はできるだけ避けたい。自宅でやらなくてはならないこともたくさんある。

 そこで、終電で帰ってきて、こんなことをしているわけだ。

 来週には、ちょっと人並みの生活が戻ってくる……と、信じている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.01

Google正常化

0時15分頃に復旧。

さすがに、早かった。事情説明は、ないんだろうなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »