« 日本人向けの標識 | Main | 姿を消した東大門運動場 »

2008.10.30

円高ウォン安にも限度ってものが

Won001_2

 ……なんですか、このレートは。

 換率1442.74。

 つまり、1万円を出すと、韓国ウォンを14万4270W買える、ということだ。

 先週、韓国に到着した時は、空港の両替所で1万円=12万7000Wだった。そこから、また15%近くも下落した、ということになる。

 数日前には、、友だちと「まさか1600まではいかないでしょう」と言っていたのだが、銀行間レートではすでに到達してしまったらしい。僕も、1595という数字は見た。

 さて、どこまで行ってしまうのか。

 いずれにしても、尋常な状態ではないので、とりあえずごっそり韓国ウォンを買っといた。吉と出るか、それとも凶と出るか。

|

« 日本人向けの標識 | Main | 姿を消した東大門運動場 »

Comments

 あきさん、こんにちは。ハングルの本をご購入くださり、ありがとうございます。

 ご家族4人で韓国旅行ですか。素敵ですね。
 韓国のリゾートというと、済州島ではありますが、ハワイやモルジブと言った世界のリゾート地に比べると、ホスピタリティでは劣ります。こうしたリゾートと同列に考えると、期待はずれになることも考えられるので、注意が必要です。

 ただ、直近にご家族で韓国に行かれるということであれば、やはり済州島が良いように思います。

 理由は、気候です。これから手配をするとなると、早くて今月下旬、通常は冬休みになるかと思いますが、この時期のソウルは最高気温が氷点下という日も珍しくなく、ご家族連れにはお勧めしにくいです。

 済州島も、やはり東京並みには冷え込むのですが、氷点下になることは少ないです。天候も安定しているので、車をチャーターして島内をめぐっては如何でしょう。

 世界自然遺産の城山日出峰、熔岩性の海岸で透明度が高い海を見られるソプチコジ、すすきやオルム(寄生火山)が連なるサングムプリなどが良いかと思います。

 また、料理も黒豚、雉、海鮮類などが揃っており、高級感には欠けますが、辛い物が苦手の方でも楽しめると思います。

 ホテルは、リゾート気分を味わうなら、ホスピタリティで新羅、景観でハイアット、済州島らしさでシーエスをお勧めします。

Posted by: かんりにん | 2008.11.03 15:33

韓国がものすごく好きで、栗原さんの本でハングル
を習得しました。しかし、一度も韓国に行ったことが
なく、最近の円高ウォン安ですぐにでも行きたいと
考えています。
韓国を知り尽くした栗原さんに質問があります。
妻、子供2人(小5と小2)で行くのに、
いい場所はありませんか。
リゾート好きの妻や子供がもうひとつのってきません。
韓国でリゾートといえば、やはり済州島なんでしょうか

Posted by: あき | 2008.11.03 01:06

僕も、8月に慶尚道に行ったときのウォンを、余らせたまま家に眠らせているんですよね。わずか3カ月前なのに、あの時は1万円=9万5000Wでした。損した気分です。

ゆ~たんさん、平日はガラガラの羽田金浦便、もうすぐ12便に増えるという噂ですよ。登場した時は、便利さから割高だったものですが、今や最安値2万円ですか……。

Posted by: かんりにん | 2008.11.01 17:34

久しぶりに海外出張(残念ながら韓国ではありません)するので準備していたら、4年前くらいに両替したW紙幣が出てきました。
なんか損してる気が・・・

円高・W安のうちにまたソウルに遊びに行きたいなぁ。

Posted by: ちぇりぃ | 2008.11.01 13:17

円安にならないうちにと思い、
私も来週訪韓の予定をたてています。
それにしても、金浦-羽田線、週末をずらせばガラガラですね。

Posted by: ゆ~たん | 2008.10.31 14:52

もう帰って来ちゃったよw

Posted by: かんりにん | 2008.10.31 00:08

すいませんがあたしの分も3万円くらいよろしく!

Posted by: じーつー | 2008.10.30 17:49

私もここぞとばかりにソウルにワーホリ中の友達に両替をお願いしちゃいました。
日本国内は円→Wの両替が殺到してW不足みたいですね。

Posted by: ゆ~たん | 2008.10.30 13:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 円高ウォン安にも限度ってものが:

« 日本人向けの標識 | Main | 姿を消した東大門運動場 »