« | Main | 新人 »

2008.10.03

らき☆すたOVA

Rak01

 どうもご無沙汰です。

 これは、なんだろう……などとしらばっくれようかと思ったが、それも馬鹿らしいので普通に書く。

らき☆すた OVA」を購入した。昨年、深夜に放送され、アニメファンを中心に大変なブームを巻き起こした、日常ゆるゆる系アニメ、「らき☆すた」の新作セルDVDだ。

 以前のエントリで書いた通り、ネタのつもりで本編を見たら、予想外にアットホームな物語で気に入ってしまい、苦手だったはずの絵柄にもすっかり慣れてしまった。

 ただ、僕は著作権を侵害してアップされていた「ニコニコ動画」を通じて見たので、対価を支払っていなかった。角川では、こうしたネット上の動画サイトを無料の宣材と捉え、一部はわざと削除しないで残したりしているのだが、やはり、同じ著作物で生活している以上、何らかの対価は支払うべきである。そこで、このたび発売されたOVAを、購入したというわけである。

 ……どうも言い訳っぽいな。

 さて、このOVA。「オリジナルなビジュアルとアニメーション」の略だそうで、その内容は昨年のテレビ放送とはだいぶ雰囲気を異にしている。

 テレビ放送は、女子高生やそれを取り巻く人々の日常を、あまり幹となるストーリーもないままゆるゆるまったりと描いていた。しかし、このOVAには、主舞台であるはずの学校が出てこない。登場人物の飼い犬の視点で見た仲間たち。主人公たちがプレイしている、どこかで見たようなネットワークゲームの画面。コスプレ。スポ根。

 実験映像の中に、パロディと思われるネタがこれでもかと言うほどに詰め込まれている。まあ、僕はその2割くらいしか理解できなかったんだろうな。

 アニメーション映像としてのクオリティは、文句のつけようがない。萌え系デフォルメキャラなのに、その動きはハッとするほど丁寧に描かれている。瞳がより丁寧に描かれ、表情が生き生きとしているのも良い。テレビと違ってBGMがむやみに入ることもなく、どこか映画を見ているような気分だった。

 アニメーションの質は高いので、多くの人に見てもらいたい……と言いたいところだが、おそらく本編を知らずに見ても、なんだか分からないだろう。この辺り、ずいぶん間口の狭い作品になってしまった。

 パロディてんこもりのOVAも良いけれど、泉家、柊家、高良家の家族の日常を描いた、笑いながらもホロリとさせる『らき☆すた劇場版』なんてできないですかね。僕は、パロディよりもそっちが見たいな。

 えーと、もうひとつくらい、アニメネタを書こうかと思います。

|

« | Main | 新人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/42666909

Listed below are links to weblogs that reference らき☆すたOVA:

« | Main | 新人 »