« 深浦駅前の回転寿司 | Main | 街角の静かな闘い »

2008.09.10

ソニーα900発表

A9001_2

 ソニーから、フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「α900」が発表された。

 2460万画素のフルサイズセンサー(通常のフィルムと同じサイズのセンサー)に、100%視野率という素晴らしい視認性を備えたファインダー、あらゆるレンズで手ぶれ補正が有効なボディ内手ぶれ補正機能。

 僕は、ソニーデジタル一眼レフの前身である、コニカミノルタの純正標準レンズを持っている。一瞬、キヤノンのシステムを売却して、ソニーに乗り換えようかと思った。

 だが、背面の液晶を見ながら撮影できるライブビュー機能がないと知って、気持ちが落ち着いた。一眼レフで、コンパクトのような撮り方をするわけではない。しかし、三脚にカメラを固定し、風景や花などを、きっちりピントを合わせて撮影するのに、ライブビュー機能は不可欠なのだ。

 今は、EOS5Dと40Dが現役である。

Eos5d

 この春、「秘境駅」の取材に合わせて清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入した、EOS5D。1280万画素のフルサイズセンサーが生み出すノイズレスで、深みのある画像は、何ものにも代え難い。5年間はメインのカメラとして活躍してもらうつもりだ。

 しかし、この前の取材で、初めてその気持ちが揺らいだ。画質は素晴らしい。だが、設計が古い5Dは、レンズ交換時などに、センサーへ簡単にゴミが付着する。ゴミが付着すれば当然撮影した画像にそれが写り込んでしまい、フォトショップなどでの修正を余儀なくされる。

 ライブビュー機能がないのも、今となっては結構つらい。先週末の取材では、これがネックになって大事な撮影をサブの40Dで行うことになった。

 年末までに、EOS5Dの後継機が登場する。

 おそらくは、2100万画素に90万画素のモニター、DIGIC4、ライブビュー、ゴミ除去機構を搭載してくるはずだ。連写性能も、秒間5枚にアップするかもしれない。価格は……35万くらいかなあ。

 買ってしまいそうで、怖い。

|

« 深浦駅前の回転寿司 | Main | 街角の静かな闘い »

Comments

秘境駅、買いましたですよ。

Posted by: renoma | 2008.09.11 at 17:33

Hi, I read your blog regularly. Your story-telling style is awesome, keep doing what you're doing!

Posted by: campervan rental | 2014.11.06 at 14:12

An impressive share! I've just forwarded this onto a coworker who was doing a little homework on this. And he actually bought me dinner because I discovered it for him... lol. So allow me to reword this.... Thanks for the meal!! But yeah, thanks for spending time to talk about this issue here on your web site.

Posted by: cheap campervan Australia | 2015.01.22 at 16:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/42437470

Listed below are links to weblogs that reference ソニーα900発表:

« 深浦駅前の回転寿司 | Main | 街角の静かな闘い »