« 【韓国】教保文庫で資料を購入 | Main | 春は別れの季節 »

2008.04.01

ミスタードーナツ光化門店

うざいんで「【韓国】」って入れるのやめました。もうわかるでしょ。ってことで。

d0001

さて、今度ソウルに行ったら、ぜひ行こうと思っていた、ミスタードーナツ。明洞に行く時間がないなと思っていたら、光化門交差点にできていた。去年の12月にオープンしたらしい。早速、入ってみた。

国内の取材では、ミスドにはいつもお世話になっている。僕は、チョコファッション党の党員だ。小腹が空いたときにちょうどいい。この日も、定番メニューのチョコファッションとエンゼルクリーム各1300W、そしてプレミアムレギュラーコーヒー2500Wを注文した。合計で5100W。レートを考えても、ほぼ日本と同水準だ。

ところが、ここで衝撃の事実。韓国のミスドは、なんとコーヒーのおかわりができない。日本がおかわり自由で、韓国はダメ。なんたることか。店の雰囲気を考えると、日本のミスドより少しランクの高い、スタバなどのプレミアムコーヒーショップをイメージしているのだろうか。

さて、肝心のドーナツは、僕が食べた限りでは日本のそれと全く同じ味だった。チョコファッションの形が若干崩れ気味という気もするが、味には全く影響がない。

店員が率先して席を空けてくれたり、足下に落ちていたティッシュの切れ端を拾ってくれたり、なかなかきびきびとしていて気持ちいい。コーヒーおかわり不可は痛いが、それでもドトールに代わる定番の休憩スポットになりそうだ。

そういうわけで、こんな感じで、コーヒーブレイクを楽しんだ。↓
d0002

エエエエエ……。

何かヘン?

休憩しながらも、日本の仕事を忘れずにこなしているわけだ。いやあ、カフェでJTB時刻表を堂々と広げても、誰も奇異の目で見ないのは素晴らしい。日本だったら、「出たよ、鉄ヲタ……」みたいな視線が飛んでくるのは避けられない(笑)。

ソウルのミスドやスタバで、JTBの時刻表を広げてニヤニヤしている仕事にふけっている男がいたら、たぶんそれは僕だ。

|

« 【韓国】教保文庫で資料を購入 | Main | 春は別れの季節 »

Comments

昨年のGWに明洞に行ったとき、
ポンテライオンがミスドの開店キャンペーン
らしきものをやってました。
日本人の私が、韓国でダンキンドーナツを見ると
「とても珍しいものを見た」と思いますが、
韓国の人は同様に、ミスドを「見たことも無い
珍しいドーナツ屋ができた」という表情で眺めてました。
ああ、そういうことなのかと思いました。

Posted by: うどん星人 | 2008.04.02 at 00:01

ドーナツだと普通クリスピー行くでしょ。
明洞店は日本語通じたりしますwww

Posted by: ganzan | 2008.04.05 at 10:06

うどん星人さん
ポンデライオンのクッション&ぬいぐるみプレゼントキャンペーン、やってましたね。
韓国は、ドーナツ戦争勃発のようです。明洞のペッパーランチがなくなり、代わってニューヨークなんたらってドーナツやになってました。ダンキンも、既存店を一斉に改装しています。

ganzan
クリスピー、試食でもらえるオリジナル食べたら、もういいや、とか思っちゃうのは僕だけですかね。焼きたてのオリジナルは美味しいけど、それ以外はアメリカンドーナツだなあ。

やっぱり、チョコファッションが好きでつ。

Posted by: かんりにん | 2008.04.10 at 23:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/40713772

Listed below are links to weblogs that reference ミスタードーナツ光化門店:

« 【韓国】教保文庫で資料を購入 | Main | 春は別れの季節 »