« 鉄道ブームもここまで | Main | NATEON »

2007.12.15

『猟奇的な彼女』日本でドラマ化

草なぎ剛&田中麗奈で韓流映画「猟奇的な彼女」が連ドラ化

 SMAPの草なぎ剛(33)が来年4月スタートのTBS系「猟奇的な彼女」(放送枠未定)に主演することが13日、分かった。平成15年に公開された韓国の同名ヒット恋愛映画の連ドラ化。お人よしな主人公と破天荒なヒロインが繰り広げるコメディータッチのラブストーリーだ。草なぎは主人公、眞崎三朗役。ヒロインは本格的な連続ドラマ初出演となる田中麗奈(27)が扮する。(サンケイスポーツ)

 僕が最も好きな韓国映画のひとつ、『猟奇的な彼女』が、2008年4月からTBS系列でドラマ化される。

 主演は、草なぎ 剛と田中麗奈。

 大学生をやらせるには無理あるだろ……と思ったら、草なぎは大学の理学部海洋生物学科講師、田中は小説家志望の女性に置き換えられるらしい。連続10回ということで、ストーリーも大幅に変わるようだ。リメイクというよりは、翻案に近いのだろう。

 『猟奇的な彼女』は、僕が韓国に留学する直前に封切られ、僕はレンタルビデオ屋で借りて下宿の部屋で見た。講義で代返したり、親切がアダとなって酷い目に遭う主人公・キョヌの姿に、自分を重ね合わせて感動したものである。

 それだけに、今度のリメイクはちょっと複雑だ。こういうリメイクもので、大成功した話はあまり聞かない。脚本が、『東京ラブストーリー』の坂元裕二と聞いて、ますます不安。

 でも、田中麗奈は好きな女優の一人だし、たぶん見る。

 オリジナル版のDVDは、コメンタリーまで聞き倒したことだし、ドラマを見ながら楽しく突っ込みを入れられればいいのだけど。

|

« 鉄道ブームもここまで | Main | NATEON »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/17370019

Listed below are links to weblogs that reference 『猟奇的な彼女』日本でドラマ化:

« 鉄道ブームもここまで | Main | NATEON »