« てっぱ…… | Main | 中日ドラゴンズ、アジアシリーズ制覇 »

2007.11.11

『墓場鬼太郎』アニメ化

4014

 6月のエントリで、「アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』は、妖怪長屋だ妖怪横丁だといった余計な設定など付けず、とことん妖怪道を究めて欲しいものだ」と書いたら、実現してしまった。

 鬼太郎の原点、貸本版の『墓場鬼太郎』が、とうとうアニメ化されることになったのだ。

 すっかり正義のヒーローとなり、最近では萌えキャラにまでなってしまった鬼太郎だが、本来は人間に不幸をもたらし、時には地獄に落としたりもする、恐ろしい幽霊族の末裔だった。

 恐ろしくてこそ鬼太郎。ずっとそう思っていただけに、『墓場鬼太郎』のアニメ化は心から嬉しい。

 しかも、キャストが凄い。

 鬼太郎=野沢雅子
 目玉おやじ=田の中勇
 ねずみ男=大塚周男

 そう、アニメ第1・第2シリーズの声優が、勢揃いするのだ。

 夏休みに、NHKのドラマ「総員玉砕せよ!~鬼太郎が見た玉砕」で、この3人が声をあてていたのは、『墓場鬼太郎』のテストだったのかもしれない。

 他にも、多数のサプライズが用意されているらしい。もしかしたら、オープニングは熊倉一雄、エンディングは加藤みどりが歌ったりするのだろうか。いや、熊倉一雄はすでに齢80歳のはずだ。

 墓場鬼太郎のエピソード、「妖奇伝/幽霊一家」、「地獄の片道切符」「下宿屋」といった作品は、いずれも日本漫画の金字塔である。

 恐ろしくてこそ、おどろおどろしくてこそ、鬼太郎だ。深夜放送なので、ぜひ、部屋を真っ暗にして一人で見よう。

追記:この前リメイクされたのは「ゆうれい電車」のほうでした。

|

« てっぱ…… | Main | 中日ドラゴンズ、アジアシリーズ制覇 »

Comments

栗原さん、こんにちは。
元祖奇太郎が映像化されるんですか?
やりましたね。
そうそう、
是非一度、妖怪気動車の走る、境線もゆかれてはいかがでしょうか?
妖怪のオブジェの並ぶ境港も町も楽しいでそうです。
今なら、カニも解禁。イカも美味ですよ。

Posted by: たま | 2007.11.11 at 13:46

たまさん、こんにちは。
妖怪気動車は、99年11月に乗車済みです(^^)。
あ、でも、今はだいぶバージョンアップしたみたいですね。
西日本の鉄道はずいぶんご無沙汰なので、そろそろ行かないといけません。

Posted by: かんりにん | 2007.11.11 at 17:53

西日本の鉄道で旬なのは、
JR
221系:本線筋を離脱予定
113系:阪和線/いつまでいるのでしょうか?
         日々編成が変わっています。
     山陰線/置換えが決定しています。
         221系4連・223系2連 化
103系:和田岬線/朝・夕のみ運休あり
     阪和線/本線の321系が増えれば・・・
阪神
1000系:須磨浦公園-梅田を運行中
      ☆2年後には、三宮-伊勢特急が登場
智頭急
7000系:リニューアル中
あたりでしょうか?

Posted by: たま | 2007.11.11 at 18:20

お元気そうですね。
突然ですが、私、16日から29日まで東京にいます。
いつもご多忙な貴方ですが、
タイミングがあえば、お会いしたいですね。ふふふ。

あ、ちなみに私の住む街は、
昨日、摂氏0度でした(凍)。

Posted by: kyoko | 2007.11.12 at 02:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/17037527

Listed below are links to weblogs that reference 『墓場鬼太郎』アニメ化:

» 機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス〈2008年6月30日までの期間限定生産・3枚組〉 [おもちゃらす]
日本のアニメ界に燦然と輝く『機動戦士ガンダム』の劇場3部作を、公開時の音声でDVD化したBOXセット・・ [Read More]

Tracked on 2007.11.11 at 02:20

» 墓場鬼太郎 寝子 [気になる話]
墓場鬼太郎声優陣 野沢雅子×大塚周夫×田の中勇来年1月からいよいよテレビ放映が始まる『墓場鬼太郎』。原作の雰囲気そのままに、大人が楽しめるアニメとなる。鬼太郎が正義の味方の『ゲゲゲの鬼太郎』人間に対して、人間に対してややシニカルな鬼太郎が『墓場鬼太郎』の魅力となる。 ...(続きを読む) [magazine] 「アニメーションノート No.8」『ゲゲゲの鬼太郎 第5期』の貝澤幸男と『墓場鬼太郎』の地岡公俊のシリーズディレクター対談は面白かった。やはり猫娘は、何かと話題になっているらしい。...... [Read More]

Tracked on 2007.12.20 at 22:11

« てっぱ…… | Main | 中日ドラゴンズ、アジアシリーズ制覇 »