« Akiba Noodleさくら | Main | 破壊神登場 »

2007.10.02

連続テレビ小説『ちりとてちん』スタート

1212

 早いもので、もう10月。

 NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』がスタートした。映画『スイングガールズ』や大河ドラマ『風林火山』での好演が話題となった、貫地谷しほり主演の、上方落語を題材にした作品だ。

 ここ数年、「朝ドラの王道」を突き進む東京制作と、「笑いとチャレンジ」に軸足を置く大阪制作では、同じ朝ドラでもずいぶん雰囲気が異なっていた。視聴率では相変わらず東京制作のほうが上回っているが、ドラマファンの評価が高いのは断然大阪制作である。

 先週までの『どんど晴れ』が、正直に言って全く期待はずれだったので、『ちりとてちん』にはおおいに期待していた。

 勢いのある大阪制作、実力派女優貫地谷しほり、制作統括に『ちゅらさん』演出の遠藤理史、そして題材が上方落語、とくれば面白くないはずがない……と思うのだが、第一回はやや微妙。

 母親役の和久井映見や、主人公の子供時代を演じる子役の桑島真理乃が、山ほど「おもろいこと」を言うのだけれど、いまひとつ、ツボにはまってこないのだ。微妙にぎこちなさが残っていて、どこか滑っているように見える。

 もうひとつ、語り(ナレーション)は、歳を重ねた主人公自身という設定で、上沼恵美子が務めているのだが、

 ……どうしても、仁鶴師匠との掛け合いを思い浮かべてしまう。ていうか、貫地谷しほりも、いずれは上沼恵美子になるということか。諸行無常。

 これから、どれだけ馴染んでくるかにかかっていると言えそうだ。あくまで、僕自身が楽しめるかどうかの話。

 ただし、実は全然心配していない。これからこのドラマは、どんどん面白くなるはずだ。

 ネットでも見られる、番宣の『ちりとてちん30秒スポット大喜利』。これが、ばつぐんに面白いのだ。これを見ているだけで、貫地谷しほりのファンになってしまいそう。

 あと個人的には、小浜線を走る、国鉄色のキハ58が良かった。ちゃんとJRマークを消してあったし(笑)。

 これから半年は、早起きできそうな予感。

|

« Akiba Noodleさくら | Main | 破壊神登場 »

Comments

桑島真理乃さんはTBSで放送される予定の、「金曜ドラマ ブレーメンの音楽隊(ミニモニ。でブレーメンの音楽隊のリメイク版)」、「日曜劇場 ニコニコ日記」にも出るそうです。

Posted by: 真駒内本町 | 2009.06.15 at 00:48

そのネタ何年やってるんですか……。
デマの伝わり方でも研究しているんですかね。
しばらくしたら、削除します。

Posted by: かんりにん | 2009.06.15 at 03:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/16635990

Listed below are links to weblogs that reference 連続テレビ小説『ちりとてちん』スタート:

» NHKの朝の連続テレビ小説 [松下 奈緒 素敵なモデル、女優、ピアニスト]
松下奈緒ピアノ演奏のNHKの朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」。お見逃しのないように! [Read More]

Tracked on 2007.10.04 at 23:16

« Akiba Noodleさくら | Main | 破壊神登場 »