« 閉め出され | Main | 吉野家中野北口店リニューアル »

2007.09.28

茨城交通湊線

0002

 この前の週末、知人のライターさんと茨城交通湊線に乗ってきた。水戸の隣にある勝田と、阿字ケ浦を結ぶ全長14.3kmの小さな私鉄だ。

 茨城交通は、他の多くの地方私鉄と同様乗客の減少に苦しみ、2008年3月末限りで湊線を廃止する意向を示していた。地元自治体が財政支援も視野に入れて存続を目指すとしたため、現時点では廃止の申請を見合わせている。いずれにしても、崖っぷちにあることには変わりない。僕は、今回が初乗りだった。

 珍しく早起きし、起点の勝田駅に着いたのは10時前。まずは、800円の1日乗車券を買おうと改札を出たが、茨城交通の案内がどこにもない。駅舎が別にあるのかと駅前に出たが、発車を待つディーゼルカーは見えたものの、駅舎どころか「茨城交通」の文字すら見つからない。

0001

 JRの改札で尋ねると、自動券売機のうちの一台で乗車券が買えると言う。確かに券売機はあったが、一日乗車券がない。改札内の湊線乗り場で売っているので、無札で入るとのこと。いずれ廃止になるのだからと、無視しているのだろうか。

0010

 10:40発の列車で、湊線の旅に出発。お目当ての、キハ20型気動車だ。普段は、キハ3710といった比較的新しい気動車が往復しているが、週末だけはファン向けに旧型気動車が運行されている。このキハ2005は、1971年に廃止された、北海道の留萌鉄道から譲渡されたもの。かつて全国のローカル線を走っていた、国鉄キハ22型とほぼ同じ車両で、僕にとっても懐かしい。

 誰かさんの影響で、行ったり来たりしながら、ひとつずつ駅を降りていく。

0003

 「湊線全駅下車」のハイライトは、中根駅。秘境駅として名高いこの駅は、水田が広がる平野の片隅にある。周囲に人家はほとんど見えず、誰が利用するのかわからない。「秘境駅」とはよく言ったものだと感心しながら、雑木林へ続く坂道を上ると、まもなく普通の住宅地に出た。なんだ、そういうことか。

0124

 隣の那珂湊駅は、湊線の中心駅。映画『フラガール』にも登場した、趣のある駅舎を眺めてから、港を目指す。駅前に人通りは少なく静まりかえっているが、車道だけは、県外からの車で延々と渋滞している。

 寂れた商店街を過ぎると、潮の香りが漂い、港の裏手に出た。通用門のような扉から、手近な建物に入る。瞬間、どわあっという喧噪。ここは、関東一円から観光客が集まる、那珂湊おさかな市場。もちろん、9割以上が車利用である。

0004

 観光地で、ソツなくおいしい海鮮料理を楽しみ、汽車旅続行。新旧2台の気動車がひたすら行き交うダイヤを上手に組み合わせ、日が傾く頃、終点阿字ケ浦に到着した。

 すっかり色あせてしまった保存車両に心を痛め、坂を下って阿字ケ浦海岸に出る。さすがに、海水浴客はもういない。

0009

 せっかくだから、最後はキハ2005で勝田まで乗り通したい。1時間ほど時間ができたので、もう一軒、軽く魚を食べていくことにした。時間がないので、目の前にあった、「磯料理・こころの宿 ごとう」ののれんをくぐる。海水浴客とつり客向けの、簡易旅館兼大衆食堂かなと思ったのだが……。

「それでは、お刺身の盛り合わせはいかがですか。一人分とありますけどね、けっこう量あって楽しめますよ」

 気さくなおばさんに薦められて、1575円の刺身盛り合わせを注文した。

0115

 赤身、鯛、かんぱち、甘エビ、イカ、タコ、ホタテなど、すべて大洗で水揚げされた刺身がたっぷり9点。ほんの一杯のつもりが食べきれず、気がつくと2本目のビールを空けていた。時間をいっぱいまで使って魚を楽しみ、二人で2800円。

0006

「おさかなには自信があるんですよ。今度いらっしゃるときは、是非お泊まりください。普通のお部屋もありますし、雑魚寝でよろしければ、1800円で持ち込み自由の広間もありますので……。また、アンコウ鍋の季節にいらっしゃってください」

 ほろ酔い気分で元来た坂を上がると、夕闇迫るホームに勝田行きのキハ2005が待っていた。この瞬間が、いちばん幸せだ。

0114

|

« 閉め出され | Main | 吉野家中野北口店リニューアル »

Comments

This info is priceless. When can I find out more?

Posted by: อาหารเสริมลดน้ำหนัก | 2014.03.21 at 17:26

Nice blog here! Also your site loads up very fast! What host are you using? Can I get your affiliate link to your host? I wish my site loaded up as quickly as yours lol

Posted by: ทัวร์เวียดนาม | 2014.05.20 at 11:08

What's up every one, here every one is sharing such experience, thus it's good to read this web site, and I used to pay a visit this web site everyday.

Posted by: ทัวร์ญี่ปุ่น | 2014.05.31 at 08:45

Excellent article! We will be linking to this particularly great content on our site. Keep up the good writing.

Posted by: เช่าชุดอาเซียน | 2014.06.01 at 22:29

I'm amazed, I have to admit. Rarely do I come across a blog that's both equally educative and entertaining, and let me tell you, you have hit the nail on the head. The problem is an issue that not enough people are speaking intelligently about. I'm very happy I stumbled across this in my search for something relating to this.

Posted by: ทัวร์พม่า | 2014.06.06 at 10:14

Everyone loves what you guys are up too. Such clever work and coverage! Keep up the amazing works guys I've added you guys to my personal blogroll.

Posted by: ทัวร์พม่า | 2014.06.14 at 18:27

Heya great website! Does running a blog similar to this take a large amount of work? I've no knowledge of programming however I had been hoping to start my own blog soon. Anyhow, if you have any recommendations or tips for new blog owners please share. I understand this is off topic however I just needed to ask. Many thanks!

Posted by: รับทำโปรเจคจบ | 2014.06.30 at 15:16

Everyone loves it when individuals get together and share ideas. Great blog, continue the good work!

Posted by: best dating sites | 2014.12.28 at 19:25

Hello! Do you know if they make any plugins to help with SEO? I'm trying to get my blog to rank for some targeted keywords but I'm not seeing very good results. If you know of any please share. Many thanks!

Posted by: campervan hire brisbane | 2015.03.07 at 09:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/16550052

Listed below are links to weblogs that reference 茨城交通湊線:

» ときわ路パス2007-2 [岸田法眼のRailway Blog.]
オマタセ、ベイベー。レッツ・ダンシング。 11時52分、勝田4番線に到着。ここで8~11号車を切り離すが、隣りの留置線では戦力外となっている415系鋼製車を展示(?!)していた(貫通扉にある列車番号は9635M)。まさか見られるとは思ってもみなかったが、いずれ解体されることであろう。ちなみに415系鋼製車はJR九州では健在である(但し、大半はロングシートにして、内装をリニューアルしている)。   415系鋼製車勝田車両センター留置車両表 留置方向 号車 車両番号 禁煙 備考 ... [Read More]

Tracked on 2007.10.21 at 04:40

« 閉め出され | Main | 吉野家中野北口店リニューアル »