« 不二家中野ブロードウェイ店 | Main | 仕切り直し »

2007.03.01

マニュアル敬語

 NHKのクローズアップ現代。今日のテーマは「日本人と敬語」だった。

 「弟の所に伺います」といった敬語の誤用や、「よろしかったでしょうか」といったマニュアル敬語の話だ。

 僕も、マニュアル敬語は以前から気になっている。

「よろしかったでしょうか」は、英語の丁寧表現"Would you~/Could you~"を直訳したという説があるそうだ。井上ひさしは、日本人が好む婉曲表現のひとつと指摘していたが、どうだろう。

 考えてみた。

「ご注文は以上でよろしいでしょうか」と尋ねると、注文はまだ確定していない、不安定なニュアンスがある。責任ある判断を、客にゆだねている印象だ。「客の発言がよく聞き取れなかったのでもう一度訊いている」という感じもするかもしれない。

 一方、「ご注文は以上でよろしかったですか」と言えば、すでに確定したことについて、念を押しているニュアンスが強くなる。こうすれば、「注文はしっかり聞き取ったが、念のために復唱している」という印象になり、安定感が増す。客も安心するというわけだ。

 発想としては婉曲なんだけど、微妙に違う。所謂婉曲表現にするなら、こんな感じ。

「ご注文は、この辺りでよろしいかと思うのですが、あの……」

 これじゃ、クビだな。

「こちらコーヒーになります」
 じゃあ、今は何なんだよ、といつも訊きたくなるこの言葉。これは間違いなく婉曲だ。「コーヒーである」と断言するのを避けて、「こちらはコーヒー、ということになりました」と、他の誰かが決定したような言い回しにしているのだろう。

「1000円からお預かりします」
 これは、正直僕はあまり違和感を感じない。お釣りがある場合に、「(代金をこの)1000円からお預かりします」という意味だ。だから、代金が1000円ちょうどなのに、「1000円からお預かりします」と言われると、かなり違和感を感じる。近所の中華料理屋では、中国人の店員に先輩アルバイトがはっきりそう説明していた。もう10年くらい接客業をしていないので、この言葉を使う機会も減ったが……。

 敬語表現が、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類から、尊敬語・謙譲語1・謙譲語2(丁重語)・丁寧語・美化語の5種類に増えていたとは知らなかった。ますます、使いこなせなくなると思うのだが。外国人への教授法も変わるのだろうか。

 そうそう、「タメ口」の美化語ってないかなあ。

「おタメ口」

 ……ダメだ。

|

« 不二家中野ブロードウェイ店 | Main | 仕切り直し »

Comments

In the event you're planning to work with 1 subwoofer to run, get a 4ohm DVC or a 2ohm SVC in order to wire it at 2 ohm.

Posted by: boss audio ar1500m armor 1500-watt mono mosfet amplifier | 2014.12.26 at 17:16

Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you relied on the video to make your point. You definitely know what youre talking about, why waste your intelligence on just posting videos to your site when you could be giving us something informative to read?

Posted by: motorcycle hire Australia | 2015.01.19 at 22:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/14092087

Listed below are links to weblogs that reference マニュアル敬語:

« 不二家中野ブロードウェイ店 | Main | 仕切り直し »