« ただいま東京駅 | Main | 「文化財として保存された」国鉄新村駅 »

2007.03.14

ハードな1日をダラダラ書く4~ソウルに到着

Df0019
スターアライアンス専用の南ウィング

 ソウルに到着。成田空港からここまでの出来事をダラダラ書いてみる。

17:29 成田空港到着。まずは、ソウルの考試院(アパート)に電話した。

「これからソウルに向かいますんで、明日そちらに行きます」
「今日ソウルに着くんでしょ? 今夜はどうするの」
「今日は到着がかなり夜遅くなので、ホテルに泊まります」
「いや、そんなところに泊まることないよ。49号室のカギ空けておくから、そこでまずはゆっくり寝なさい」

18:35 南ウィング37番ゲートからユナイテッド航空883便に搭乗。ボーディングパスを搭乗口の機械に入れたら、「ピーッ」と音がして止められた。

「くりはら様、本日はビジネスクラスとなっております。こちらのチケットをどうぞ。」

 意味不明の、いきなりのアップグレード。チェックインの時、「足下の広いユナイテッドエコノミーはいかが」「ビジネスクラスへのアップグレードは1万1000円」などと、機械にさんざんサジェッションされたのは何だったのだろう。僕が腰を悪くしていることを知っていたのだろうか。おそらく、オーバーブッキングが原因だろう。搭乗口で座席を指定されるユナイテッドらしい話だ。

 ターミナルはがらがらだったが、滑走路はやたらと渋滞し、離陸したのは19:44頃。今日、午前に高知空港で胴体着陸の事故が起きていただけに、少しだけ緊張した。

21:50 仁川空港に到着。こんなに遅い時間に個人で仁川に到着するのは初めてだ。手慣れた調子で到着ロビーに出てくると……両替所が、閉まっている。ロビーの両替所は、どこも22:00で営業終了らしい。係員にパスポートを見せて事情を説明し、税関横の両替所に引き返す。これは、ガイドブックに書かないといけないな。

23:05 清凉里行きリムジンバスで新設洞へ。昨年末は、このバスに携帯電話を忘れた。今日は家に忘れそうになったし、最近はこの携帯との相性が悪い。

23:40 仁寺洞前交差点で信号待ち。若い女性が、なにやら運転手に話しかけた。

「運転手さん、ここで降ろしてもらえませんか。隣に停まっているバスに乗るんですけど、あれが終バスなんです」
「こんな道の真ん中で、危険ですよ」
「あれに乗れないと、帰れないんですよ」
「そのバスの運転手さんに聞いてみなさいよ」

 運転手は、ドアを開けた。

「あのー! すみませーん! そちらに乗りたいんですけど、いいですかぁ?」

 110番バスの運転手は、ちらりとこちらを見てかぶりを振った。

「どうかお願いしますよー、終バスなんですよ、乗れないと、タクシーに乗らなきゃいけないんですー」
「……(無視)」

 数年前までは、こうした便宜乗降はいとも簡単に認められたものだ。しかし、最近は停留所以外では乗客を乗り降りさせないようになってきた。バス停のはるか手前に停車したバスめがけて乗客が走る風景も、少しずつ減っているように思う。

Df0020
↑新設洞でも大型の再開発が

0:00 新設洞到着。10分ほど歩いて、考試院を目指す。古い雑然とした町が残っていた新設洞も、だいぶ再開発が始まっている。数年たてば、ありがちなガラス張りの高層ビルが建ち並ぶことだろう。

0:20 考試院到着。院長に言われた49号室は、2003年に僕が住んでいた部屋だった。2004年に工事を行い、この部屋はなくなったはずだったのだが、いつの間にか元の姿に戻っていた。

409.jpg
2003年末まで僕が住んでいた部屋。当時は50号室。2004年3月に様子を見に来た時の状況

408.jpg
2004年5月には、この部屋を潰して倉庫にする工事が始まっていたのだが……

Df0021
今日の状況。いつの間にか、元の姿に戻っていた。僕が留学時代に購入して使っていた、プラスチックタンスまで残っている

 やけに立派なテレビが置いてある。音しか聞こえないNHKワールドプレミアムをつけてみると、桂歌丸の高座の声が聞こえてきた。出し物は、「井戸の茶碗」。まるで、ソウルに着いた僕を迎えてくれたかのようだった。

 そういうわけで、明日から頑張ります。

|

« ただいま東京駅 | Main | 「文化財として保存された」国鉄新村駅 »

Comments

お疲れ様でした。
腰の状態は如何です?
懐かしい部屋が戻っていてどうでした?懐かしかったのでは。。。

約一ヶ月のソウルなのですね。お仕事頑張ってください。
しかし、ソウルも物凄い勢いで変化してるんですね。。。
まだ一度も行った事はありませんが、あのブームが始まる前に興味を持って色々と本やら雑誌やらを読み観していた街並みは見られないのでしょうかね。。。

Posted by: 705号 | 2007.03.14 at 11:11

ついに訪韓ですね。ビジネスクラスいいなあ~
コシウォンの写真に写ってるたんすって私が上げたものでしたっけ?
あれ?同じものを持っていただけ?なんだか混乱してきました。
いつ帰ってきますか~?

Posted by: うめぼしこんぶ | 2007.03.15 at 21:27

>>705号さん
ありがとうございます。腰はなんとか大丈夫です。
韓国は、いつもすごい勢いで町が変わります。でも、まだ大丈夫だと思いますよ。5年後くらいを想像すると、心配になりますが。ガラス張りのビルばっかりになるんじゃないかなあ。

>>うめぼしこんぶ
ビジネスとは言ってもUAのビジネスだからねえ。
あのタンスは、たまたま同じものを買ったんじゃなかった? 下宿にいたときから使ってたから、僕が先に買ったんだと思うよ。

4月11日帰国予定です。

Posted by: かんりにん | 2007.03.16 at 03:13

東京は今日(3/16)初雪だったという話ですが、ソウルはいかがでしょうか。
タイはもちろん、屋外では半ソデでないと死にます(←やや誇張)。
 
仁川空港の写真、きれいだなぁ。
バンコクも昨年できたスワンナプーム新空港を利用したのですが、
すでに古ぼけている印象で、おまけに誘導もよくなく、
ちょっとがっかりでした。

Posted by: かごしぽ | 2007.03.16 at 23:28

あ、しまった、成田の写真だったのか(苦笑

Posted by: かごしぽ | 2007.03.16 at 23:29

タイから帰国しました。
スワンナプーム新空港、到着時は古ぼけていたと書きましたが
出発のフロアはとてもキレイでした。
夜9時過ぎに行ったせいもあるのかな(笑
興味深かったのは、機内持ち込み荷物の検査および身体検査は
パスポートコントロールのあと、免税店の通りを抜けて
搭乗ゲートに入る直前に行われていることでした。
 
って、そういうことを書き込むところではないということは
重々承知しておりますハイ。

Posted by: かごしぽ | 2007.03.22 at 00:55

お帰りなさいです。

古ぼけた空港というのは、実は再利用が決まったドンムアン空港だったのでは?と思いましたが、ドンムアンの旅客ターミナルは25日から使用だそうですね。

2001年、911の直後に韓国に留学したときは、3回くらい荷物チェックされましたよ。なんか、僕ばっかり必ずスーツケース開けろと言われたんですけど、どうしてでしょうかね?

Posted by: かんりにん | 2007.03.22 at 02:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/14256662

Listed below are links to weblogs that reference ハードな1日をダラダラ書く4~ソウルに到着:

« ただいま東京駅 | Main | 「文化財として保存された」国鉄新村駅 »