« 日本ハムファイターズ | Main | 吉野家おたく »

2006.09.30

クォン・サンウ ファンミーティング

クォン・サンウ ファンミーティング

 韓国語ジャーナル編集部の友人に誘われ、インボイス西武ドームで行われた、クォン・サンウのイベントに行ってきた。

 チャリティイベントということで、チケットが最高2万4000円という、やたらと高価なイベントだ。歌を歌えるわけでもないのに、2~3時間ものステージで何を見せてくれるのか、興味津々だった。

 所沢駅から西武球場前行きの電車に乗ると、すでに車内はクォン・サンウファンでいっぱい。おばさんばっかり……と思いきや、その年齢層は思ったより広い。30代、40代女性が中心のようだ。西武球場前駅の駅前も、クォン・サンウファンでごった返している。ユネスコ村で遊んできたらしい家族連れが、改札から降りてくる女性の集団に目を丸くしていた。

 会場は、アリーナ席とスタンド席に分かれ、アリーナ席はほぼ満員。スタンドもそれなりに埋まっており、その数は1万を余裕で超えていただろう。僕の席は、スタンド席の前の方。ネットがちょっと邪魔だが、会場全体の様子を見渡せる。派手なピンクの韓服(チマチョゴリ)を着た、熱烈なファンもいたが、全体に雰囲気はおとなしい。家族連れもいる。

  16:55、司会の松尾貴史と川原みなみが登場。時間きっかりに始まるあたりは、さすが日本のイベントだ。

 17:00、ほぼ時間通りにイベント開始。バックネット裏上段から、スモークとともにクォン・サンウが現れる。ゆっくり階段を下り、花道をステージまで歩いていく様は、"天から舞い降りる"イメージなのだろう。

 最初の企画は、いきなり質問コーナー。続いて、心理テスト。「好きな人と待ち合わせ。ところが、相手が20分遅れてきました。そんな相手に、あなたはなんと声をかけますか?」こんな調子の質問に、会場の全員が青と白のうちわをかざして答える。クォン・サンウと一致した答えが多いほど、相性がいい、という趣向だ。韓国人的には、20分なんて遅刻のうちに入らないと思うんだが、どうだろう。ちなみに、僕は5問中4問一致。「友だち以上恋人未満」とのこと。

 心理テストに絡めて、恋愛話を中心にあれこれトークを楽しみ、45分ほどで第1部終了。休憩を挟んで始まった第2部は、ファンとの交流タイムだった。会場から抽選で選ばれた5人のファンがステージに上がり、クォン・サンウに直接質問し、プレゼントを受け取る。どのファンも卒倒するんじゃないかというくらい感激して、肝心の質問は意味不明のものばかり。観客は、ステージに上がったファンに自分を重ね合わせているのだろう。続いて、やはり会場から選ばれた100人との握手会。正直、皆さんいい年をして、そこまで入れ込むか、という気がしないでもなかったのだが、心から喜んでいる人たちを見ていると、だんだん考えが変わってきた。家庭を持つ女性などは、普段、こんなに弾けて心から楽しむ機会なんて、ほとんどないではないか、と。

 ファンとの直接交流が終わると、ステージに隠されていた気球に乗って、クォン・サンウが会場を一周。続いて、クォン・サンウが取り組むボランティア活動が紹介され、最後はよくわからないが子供達と「世界でひとつだけの花」などを歌って終了となった。

 かなりの数のファンがつめかけたイベントだったが、それでも「プライベートイベント」っぽい雰囲気は残され、ファンにとってはそれなりに満足度の高いイベントだったかもしれない。ただ、やっぱりこれで1万円以上というのは高すぎると思うし、人数も多すぎた。こういうイベントは、1000~2000人程度が限度なんじゃないだろうか。収益は全額メイクアウィッシュに寄付されるというが、その金額や使途がいまいち不透明なのもひっかかる。チケットは5000円くらいにして、ゲートあたりに募金箱を設ける、といったやり方の方がすっきりしていたように思う。もっとも、そんなにチケットが安くては、ファンが殺到して収拾が付かなかったかもしれないが。

|

« 日本ハムファイターズ | Main | 吉野家おたく »

Comments

初めまして。
私はサンウのファンですが、管理人さんと全く同じ意見です。
タダならともかく、この値段でこんな程度じゃいかんだろう。
でも、売れるならいいのか。
ちなみに私は仕事で行ったのでタダでした。だから結構批判的なんですかね。自腹だったら、無理にも行ってよかった、と思うのかなあ。
管理人さんはお金払ったの?(ファンじゃないから違うか)

Posted by: ぴよ | 2006.10.03 21:41

サンウ祭りにご一緒させていただいたもの、その2です。お疲れさまでした!

それなりに面白かったし、生サンウくんはかっこよかったですが、大金を払わせている理由がチャリティーだから、というだけではファンを納得させられないのでは?
もう少しイベントとしての完成度もあげて欲しいと思いました。

Posted by: みけ | 2006.10.02 10:06

皆さん、どうもどうも。
予想通り、アクセスの跳ね上がりっぷりがすごいですねえ。

ファンではない人間の立場からすると、つっこみどころ満載でしたが、ファンにとっては本当に楽しいだろうなあ(でも高いなあ)というイベントでした。

>>さん牛
そのチケット、ゲットすればよかったっすかね?
鉄ちゃん兼韓流ファンってのはいるのかな。

>>ちぇんさん
ヨン様やイビョンホンだと、どんな感じなのか興味が沸いてきますね。

>>ちこさん
気球が近くに来たときは、僕もつい手をふってしまいましたw。

>>まゆさん
いろいろな意味で、疲れましたね。僕は、イベントの後、もっと疲れる事態が待っていました。

Posted by: かんりにん | 2006.10.02 09:57

面白かったです。
でも、疲れたよ。

Posted by: まゆ | 2006.10.02 09:19

私も行ってきました~♪イベントは初めてだったけど、ほんとサイコー!にかっこよかったは。それに、サンウ氏のやさしさにはただただ感動!!
いまだ興奮冷め遣らぬ状態で~す\(TT)/

Posted by: ちこ | 2006.10.02 08:52

サンウ祭りでご一緒させていただいたものです^^

お疲れさまでした~

私はこういうイベントには初参加だったので、こういう感じなんだ~と勉強(?)になりました。

いろいろとツッコミどころの多いイベントでしたね(笑)。詳しいレポ、楽しみにしてます^^

Posted by: ちぇん | 2006.10.02 00:32

おつかれでごんす
サンウペンの勢い凄かったですなあ
なんか「いかにも「韓流マダム」を目の当たりにして、この層の方々の愛の深さを知ったよ…

当日西武線では、池袋→インボイス西武ドーム往復の「サンウ切符」とやらを発売していた模様。

Posted by: さん牛 | 2006.10.01 21:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クォン・サンウ ファンミーティング:

» クォン・サンウ [韓流スター情報館]
クォン・サンウは鍛え上げられた肉体と精悍なイメージ、男らしいルックスを兼ね備えた、女性に人気の韓国トップ俳優。 [Read More]

Tracked on 2006.10.18 11:53

« 日本ハムファイターズ | Main | 吉野家おたく »