« 吉野家の牛丼、今度こそ復活へ | Main | がんばれニコン »

2006.09.07

高島史於さん写真展

K0007_1

 フリーカメラマン、高島史於(たかしまふみお)さんの個展「Emotional Reflection」を見てきた。

 高島さんとは、2年前の京畿道招待取材会でご一緒した。父と同じくらいの年齢で、主に旅やネイチャーをテーマに、精力的に活動されている。

 この2年、すっかりご無沙汰してしまい、日本でお会いするのは初めてだ。

 場所は、浅草橋のギャラリー、「マキイマサルファインアーツ」。元は新橋の古いビルにあったそうで、今回の個展は、その新橋の建物がテーマだった。

 大正9年に、ホテルとして建てられたその建物は、震災と戦争を乗り越え、90年近くに亘って使われてきた。壁は何度もパテ埋めされてでこぼこになり、大正年間を思わせる意匠やむき出しの屋内配線などは、独特の空間を作り上げていたと言う。

K0008

 撮影は数年前のデジタル一眼レフで行い、インクジェットプリンタで印刷したそうだ。展示会用に大きく伸ばすには、当時のデジタル一眼レフでは解像度が足りない。しかもインクジェットプリンタだ。普通なら、荒くて汚いプリントになりそうなものだ。だが、仕上がった作品は、まるで絵画のような上品な質感を持っていた。パテ埋めででこぼこになった壁は、油絵の具で塗ったキャンバスのようだ。建物自体の質感だけでなく、光の使い方が巧みなのだと思う。絵画と違い、写真展では作品に近づいて目を凝らしたりはしないのだが、今日はしげしげと見つめてしまった。

 高島さんは飲んべえだ。記帳のテーブルには、ワインやビールが並んでいる。

「ごめんねえ、ワインは切らせちゃって……。それに、僕今日クルマなんですよ」

 そういって、ワイングラスに缶ビールをついでくれた。ギャラリーで、ぐびぐびビールを飲むのも、いけないことをしているみたいでおつなものだ。

 高島さんの個展「Emotional Reflection」は、9月16日まで。日曜はお休みだ。機会のある方はどうぞ。

|

« 吉野家の牛丼、今度こそ復活へ | Main | がんばれニコン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/11796910

Listed below are links to weblogs that reference 高島史於さん写真展:

» デジタル一眼レフ [デジタル一眼レフペンタックスフォーラム]
初めまして。ペンタックスのデジタル一眼レフを応援する者です。 K100Dはとてもよくできたデジタル一眼レフカメラであり、ペンタックスとしては発売以来シェアを大幅に上げています。 しかし、ソニーのα100などに比べるとペンタックスの営業や宣伝は十分とはいえないようで、今後も好調を持続できるか、一抹の不安があります。 そこで、少しでも応援になればと、ペンタックス製デジタル一眼レフのコミュニティサ�... [Read More]

Tracked on 2006.09.07 at 17:27

« 吉野家の牛丼、今度こそ復活へ | Main | がんばれニコン »