« 「J&J」から「水刺」へ | Main | 清渓川を散策 »

2006.05.09

ロッテマートで韓国産納豆

G1006

 そんなわけで、HiSeoulFestivalも終わり、とりあえず自由の身になった。FAMツアーの話はおいおいしていくとして、とりあえずは小ネタから。

 キムチや海苔など、お土産品はデパートで買うよりもEマートやカルフールなどのディスカウントストアで購入するほうが若干安い。しかし、郊外の住宅地にあることが多いので、旅行者にはなかなか勧めづらかった。

 ソウル駅新駅舎の供用開始とともにオープンしたロッテマートは、龍山や金浦空港のEマートと並び、旅行者が利用しやすい立地のストアだ。今月から8月下旬までは、午前1時まで営業しており、タクシーで夜中に訪れることもできる。まだ10日ほど韓国に滞在するので土産を買うには早いが、ホテルで飲むビールでも買おうと寄ってみた。びっくりするほど安い、わけではないが、海苔やキムチ、ッサムジャンなどが豊富に揃い、値段はデパートの2割安くらい。キムチは、外国人向けにパッキングもしてくれるそうで、これならガイドに載せても良いかもしれないな。

 そんな食料品売り場で見つけたのが、これ。

G1007_1

 「生チョングッチャン」、つまり納豆だ。しかも、輸入ではなく国産らしい。韓国の納豆といえば、においの強いチョングッチャン(納豆チゲ)が一般的だが、最近は日本のようにそのまま食べることもあると聞いていた。しかし、これは「そのまま食べるチョングッチャン」ではなく、日本の納豆そのままだ。原材料名には、「ナットソース」と書いてある。

 二つ入りで、2,880w。日本に比べると高いが、以前城南市のロッテマートで見た冷凍納豆は、2つで5,000Wだった。韓国でも納豆が一般的になってきたということだろうか。早速買った。

G1008_2

 容器も、においも、まちがいなく納豆だ。箸で混ぜてみると、しっかりと糸を引く。カラシがなく、へんな透明のソースが付いているのが気になるが、ほどよく糸が絡んだところで試食開始。

 ……まあまあ、うまい。カラシはついていなかったのに、ぴりっと辛い。タレに溶かしてあったらしい。納豆に慣れていない韓国人向けなのか、においが柔らかく、味も淡泊。透明のタレは、どうやらうまみ調味料だったらしく、後味が悪い。そんな細かい不満はあるものの、外国にありがちな「納豆もどき」ではなかった。一個あたり160円ほどと高いが、これなら韓国にいるとき時々食べても良さそうだ。留学していた頃、食べ物ではほとんど苦労しなかった僕だが、納豆と吉牛が食べられず、寂しい思いをしたものだ。少しずつ、手に入らないものが減っていく韓国である。

 韓国版ケロロ軍曹の食玩に心が動いたが踏みとどまり、結局納豆のほか、1本1,570Wのcassビールロング缶(コンビニで2,200w)を4本買い込んで帰還した。ビール買いすぎだよなあ……。

|

« 「J&J」から「水刺」へ | Main | 清渓川を散策 »

Comments

こんにちは。2年前の話なので、よく覚えていないのですが、からし系の辛さだったような気がします。今度韓国に行ったら、また食べてみますね。

Posted by: かんりにん | 2008.08.31 00:54

はじめまして。
韓国製の納豆「生チョングッチャン」の記事、興味深く拝見しました。
ところで、"ぴりっと辛い"たれは、からし系の辛さなのでしょうか?
それとも、唐辛子系の辛さなのでしょうか?
ご教示ください。

Posted by: taiji141 | 2008.08.30 13:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロッテマートで韓国産納豆:

» 生チョングッチャン [七転納豆]
地納豆専科の七転納豆ですが、海外に目を向けてみると。。 日本製の納豆が人気と聞いていた韓国ですが、韓国製の納豆がスーパーで買えるようです。 韓国でも健康食品として「生チョングッチャン」が食べられるようになり 今じゃ、スーパーにも普通に売っているようにな....... [Read More]

Tracked on 2008.08.30 12:24

« 「J&J」から「水刺」へ | Main | 清渓川を散策 »