« スキージャンプ・ノーマルヒル予選 | Main | スキージャンプ雑誌「Jumper」 »

2006.02.13

ノーマルヒル決勝

 ノルウェー、ビストールが優勝。

 最後の4人ほど風が止んでしまい、アホネンには不運だった。個人的にはアホネンに勝って欲しかったのだが……。

 1回目トップだったロシアのワシリエフは、どちらにしても力が入っていたので無理だっただろう。

 ワシリエフが金メダルを取っていたら、「ドーピングによって長期間選手資格を失いながら、そこから這い上がって金」というストーリーが生まれていたのだが。

 それにしても、ノルウェー勢の、この4年の躍進は凄かった。ずーっと中の上くらいの成績だったヨケルソイが突然強くなり、若手ロモーレンやビストールといった選手が続々台頭してきたのだ。

 ノルウェーが躍進したきっかけは、2002年のソルトレイク五輪の惨敗だ。この大会で、ノルウェーは団体戦で韓国に敗れてしまい、ジャンプ発祥の国として大恥をかいたのだ。大会後、ノルウェーはライバルのフィンランドからコーチを招くなど、なりふり構わず強化に力を入れた。その結果が、この金メダルだ。

 日本も、青森アジア大会の団体戦で船木と東を出しながら韓国に敗れたことがある。ちょっと、ノルウェーを見習ってがんばってほしい。

 日本選手の結果は、「順当」よりちょっと低かったと思う。葛西は、2回目にいつもの悪いジャンプが出てしまった。これでは終われない。ラージヒルを応援したい。

 ちなみに、韓国勢の結果。キム・ヒョンギが91.0mで43位。2回目には薦めなかった。

 まったくまとまりがないが、寝る。

 と思ったら、みんなジャンプの結果で更新してるんだね。サーバーが重いこと重いこと。

 明日は、オリンピック以外のことを書きます。

|

« スキージャンプ・ノーマルヒル予選 | Main | スキージャンプ雑誌「Jumper」 »

Comments

おそらく管理人さんは新規に記事を立てると思うのですが、とりあえずここを有効利用。
いまラージヒル1回目の終盤を見ています……せ、世界はよく飛ぶなぁ。コンディション悪いらしいのに。岡部も頑張ったと思うんだけど、10位に留まれるのかどうか……おっと、アホネンもK点とどかず……ということで岡部は8位、一戸16位、葛西21位で2回めに進出ですね。
ところで初めてジャンプをハイビジョンで見たのですが、ウェアのツヤツヤした質感を見ているうちにふと「なんで1人で飛ぶんだろう?」と思ってしまいました。だいぶゲームに影響されているようです(笑
で、申し訳ないのですが2回目を見るだけの体力がないので、寝ます。チャオ。

Posted by: ぽごしぽ | 2006.02.19 at 02:57

あの映画、まだ見に行けていないんですよねー。

どうなんですかね、人入ってるのかなあ。

Posted by: かんりにん | 2006.02.20 at 23:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/8635193

Listed below are links to weblogs that reference ノーマルヒル決勝:

« スキージャンプ・ノーマルヒル予選 | Main | スキージャンプ雑誌「Jumper」 »