« 刻々変わる、ソウルの地下鉄 | Main | 明洞のドラ。 »

2005.12.10

衝動的な犯行行動

b0021

 夕食は、明洞のジョンウォンスンドゥブで。スンドゥブ(純豆腐鍋)の有名店だ。

 普通の店と異なり、ここのスンドゥブは、釜で炊かれたご飯とスンドゥブを、海苔や野菜の入ったどんぶりに移して、 ピビンパプのように混ぜて食べる。チゲ系の料理としては、意外なほどに淡泊でまろやかな味わいだ。

 明洞店は、サムギョプサルなども出しているせいか、かなり混雑していた。

 豚肉スンドゥブを半分ほど食べたところで、隣のテーブルに日本人女性の二人組が座った。ガイドブックを持っており、旅行者のようだ。

 やがてスンドゥブが運ばれてきた。彼女たちは食べ方がわからないらしく、3つの器を前に戸惑っている。 いつもなら店員が日本語で教えてくれるのだが、今日は忙しいのか、手が回らない。

「どうする?」

「この海苔を、鍋にかけるのかな?」

 僕の心に、ある感情がわき上がった。いけない、我慢しろ、俺。そんなことをしたら、きっとひんしゅくを買うぞ。とくに、 日本人相手では、たいへんなことになる。

 だが、僕は自分の感情を抑えることができなかった。

「すみません、それ、この器にご飯と鍋の中身を移して、ピビンパプみたいにして食べるんですよ。スンドゥブには、 お好みで生卵を落とすと、おいしいですよ。卵は無料ですから。」

 彼女たちは、ああそうだったのか、と感謝の笑顔を浮かべ……ることは全くなく、なにやらびっくりしてこちらを見ている。 この人はいったい何人なのか。なんでいきなり話しかけてきたのか。なんでこっちの様子を観察しているのか。 この後完ぺきなニセモノを売りつけられないか。感謝すべきなのか。いっぺんにいろいろなことを考えているらしい。5秒くらい、固まっていた。

「あ、あ、どうも……」

 そう答えるのが、精一杯だったようだ。

 帰るときも、警戒心ありありな表情で会釈された。悪気はなかったんです。ごめんなさい。

|

« 刻々変わる、ソウルの地下鉄 | Main | 明洞のドラ。 »

Comments

ははは。とっても笑ってしまいました。
情景が目に浮かぶようです。
私もその場にいたら、葛藤と戦うことになるでしょう。そして話しかけずに帰りに反省。 話しかけたカゲリさんはさすがです!

Posted by: うめぼしこんぶ | 2005.12.10 at 22:50

「よぎよー」とアガシを呼んで、説明するよう頼んであげればよかったのかもしれないですね。でも大丈夫、きっと二人とも今ごろ「教えてもらってよかったねー」とか言ってますよ。そう祈りましょう。
ところで「日帰り」のところにも出ていたけど、この時期のカンジャンケジャンっておいしいでしょうかね?同僚が来週末に訪ソするので勧めてしまったのですが。

Posted by: もっこしぽ | 2005.12.11 at 01:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/7546516

Listed below are links to weblogs that reference 衝動的な犯行行動:

« 刻々変わる、ソウルの地下鉄 | Main | 明洞のドラ。 »