« 韓国産キムチから寄生虫の卵 | Main | 寸又峡へ »

2005.11.03

風のハルカの大人の事情。

いや、JTBが協力してるっているのは、友だちから聞いて知ってたんだけどさ。

あんなにこれ見よがしに、JTBのガイドブック(&JTB時刻表)映すことないんちゃう?

そよかぜツーリストのシーンでは、かならずガイドブックなめのハルカ&ちすんというショットがある。置いてあるのは「ワールドガイド」に、今や会話本以外絶版の「自遊自在」。最近は、一冊だけ地球の歩き方が置いてあって、しかも表紙のロゴが読めたりする。

どうなんですか、公共放送、皆様のNHK。

しかも、支店長席の後ろにある雑誌「そよかぜじゃぱん」。

ロゴからデザインから、かんっぺきに「るるぶじゃぱん」じゃありませんか。

 いやまあ、すっかりはまってるんですけどね。てるてるには及ばないけど、久しぶりに底抜けにアホな朝ドラで嬉しい。毎回必ずコスプレしているカリスマ支店長なんて、ちょっと思いつきませんよ。

湯布院での田舎暮らしよりも、都会のハイソな生活(死語)を選んだ、母親の木綿子さん。主人公のハルカは、大阪に出てきて10年ぶりに母親と同居することになる。ところが、そこには母親の新しい恋人がいるんです。

普通だったら、ものすごく暗く、やりきれない気持ちになるシチュエーションですが。

この恋人が、めちゃくちゃいい人だったりするわけです。

いいねえ。この、根っからの悪人がいないってドラマ。

これで、てるてる以来の早起きになれるかな。

ところで、全然関係ないけど、もしかしたら再来週……プサ?

|

« 韓国産キムチから寄生虫の卵 | Main | 寸又峡へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/6881654

Listed below are links to weblogs that reference 風のハルカの大人の事情。:

» ●『風のハルカ』 第6週 「お父さんが来ちゃった!」 スタッフ [ひねもすのたりのたり あさドラ・ちょい三昧]
作   大森美香 音楽  本多俊之 主題歌 「風花」森山直太郎/御徒町凧 語り  中村メイコ 撮影協力 由布市湯布院町      フィルムコミッションおおいた 大分ことば指導  佐藤浩 大阪ことば指導  田中恵理 野菜作り指導   永田照喜治 旅行業指導    佐々木隆 トランペット指導 田中洋一 制作統括  片岡啓司 美術    山崎正臣 技術    皿井良雄 音響�... [Read More]

Tracked on 2005.11.10 at 16:41

« 韓国産キムチから寄生虫の卵 | Main | 寸又峡へ »