« 『私の頭の中の消しゴム』 | Main | ThinkPadバッテリー死亡? »

2005.10.31

期待?の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

a2027

 ちょっとだけ期待してるこの映画。でも、不安もいっぱいあるわけで。

 昭和30年代の東京の下町を描く映画に、「ALWAYS」なんていう英語のタイトルを付けてしまうセンスが、僕にはちょっと理解できない。「三丁目の夕日」じゃだめなのかなあ。

 原作ではじいさんの茶川竜之介先生を、同い年の吉岡秀隆が演じるというのはさらにわからん。

 でも、前評判は悪くない。笑えて、泣けて、懐かしい。そんな映画だと言う。

 それって、「てるてる家族」じゃん。

 六ちゃんの役、堀北真希じゃなくて、石原さとみがやってくれたらよかったのに。

 いや、それが言いたかったんだけど(笑)。

 期待と不安が入り交じるこの映画、公開は11月5日です。

追記。なんか、えらく前評判いいみたい。公開日は静岡遠征中なので、来週末にでも見るとしましょう。

|

« 『私の頭の中の消しゴム』 | Main | ThinkPadバッテリー死亡? »

Comments

I am really grateful to the holder of this web site who has shared this fantastic paratraph at at this time.

Posted by: Best Pool Service in Scottsdale | 2015.05.25 at 14:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/6770917

Listed below are links to weblogs that reference 期待?の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」:

» もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」 [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫画評論家でもあるので、これは外せない。子供の頃から、星の数ほど漫画を読み...... [Read More]

Tracked on 2005.10.31 at 16:39

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」試写鑑賞会へ [レイルウェイ・ライター種村直樹公式BLOG]
 10月18日(火)、東宝映画「ALWAYS 三丁目の夕日」マスコミ試写会を楽しんできました。  日ごろ、映画の世界とは無縁ですが、旧知のテレビ局プロデューサーが、企画・制作・広報宣伝に参画しており、お誘いを受けました。  鉄道映画ではありませんが、東京タワーを建設中の1958(昭33)年の東京下町を舞台にしており、集団就職列車が到着する常磐線、上野駅、都電の映像などが、セット、CGに、VFXの手法を交えて展開します。駅や車両等を細部にわたって考証しており、安心してみることができ、引き込まれました。... [Read More]

Tracked on 2005.10.31 at 22:49

» こんな素晴らしい映画観た事ない【ALWAYS 三丁目の夕日】 [D i a r y]
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観た。実は今まで映画で泣いた事がない。正確に言ったら映画館で泣いた事がない。それは恥ずかしいからとかそういう感情もあるけれど、結果的に私を泣くまでに行かせない映画が多い。ドキュメント番組で泣く事はあってもノンフィクションだからと言...... [Read More]

Tracked on 2005.11.07 at 22:31

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 平日の夜に、ガラガラの映画館で、一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分でなか....... [Read More]

Tracked on 2005.11.18 at 12:08

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [Read More]

Tracked on 2005.12.10 at 05:30

« 『私の頭の中の消しゴム』 | Main | ThinkPadバッテリー死亡? »