« さて、パズルです。 | Main | 白馬サマージャンプ記録会 »

2005.10.16

シナリオ見ながら31話

 シナリオ本を買ったので、それを見ながら、「大きくて長い今」(しつこい?)の後半を見直してる。

 ネタバレになるようなことは言わないが、神経質な方は読み飛ばしていただきたい。

 

 

 「倭寇」が襲ってくる回だ。

 「倭寇」というのは、とくに朝鮮王朝時代の初期から中期(日本の室町時代)にかけて、朝鮮半島南岸や済州島に現れた海賊のこと。日本人であることが多かったことから、「倭寇」と呼ばれている。

 もうお気づきだと思うが、この「攻めてくる日本人」が面白い。

 鎧を着た武士と着物を着た剣士、そしてニンジャがごちゃまぜになっているのはまず基本。副将と称する人物が、「ばか殿」顔負けのヅラ髷姿なのも素晴らしい。そして、倭寇の兵士たちは、皆頑張って日本語を喋っているのだが、これが全然聞き取れない。韓国語の字幕を読んで、やっと意味が分かったほどだ。

 頭目のことを「当主様!」と呼んでいるところを見ると、この人物は当時の対馬の当主、宗晴康という設定らしい(←わざわざ調べた)。シナリオブックにも、「何ということだ! あのお体で対馬まで行くのは無理だ」とある。

 もう一度、そのシーンを見直した。役者が日本語を喋っているので、韓国語の字幕が出る。

이런! 저 병세로 대마도까지 갔다가 어떤 일을 당할지 알 수가 없어!(なんということだ! あの病状で対馬まで行ったら、どうなるかわからん!)

 ……。

 もう一度、見直した。セリフをよーく聞く。

「ナントイウコトダ! アノビョウジョウデ、タケシママデイッタラ、ドウナッテシマウカワカランッ!!」

 え????

 タケシマ? 竹島?

 そっかー、16世紀初頭に、日本がすでに竹島を実効支配していたことを認めてくれたわけか。日本の文献に竹島と鬱陵島が出てくるのは17世紀になってからなんだが……っていうのは、もちろん冗談。ごめんなさい。

 とりあえず、悪役日本と来たら、タケシマなわけですな。

 そうかと思えば、一人だけ日本語のネイティブがいる。

「××のようなものを見つけました!!」

 この辺、BS版ではどうなっていたのかな。

 31話である。地上派組の皆さんは、来年の4月まで頑張って待とう。

|

« さて、パズルです。 | Main | 白馬サマージャンプ記録会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/6419464

Listed below are links to weblogs that reference シナリオ見ながら31話:

« さて、パズルです。 | Main | 白馬サマージャンプ記録会 »