« PSP本日発売! | Main | 明洞名物が復活 »

2005.05.03

ソウルモーターショー

5091

 ソウルモーターショーに行ってきた。

 京畿道高陽市にオープンした、韓国最大のコンベンションセンター「KINTEX」。そのこけら落としとなるイベントが、ソウルモーターショーである。国内自動車メーカー5社を中心に、韓国市場に参入している世界中のメーカーが最新の技術と商品をアピールする場だ。

5086

 ソウルでモーターショーが開催されるのは、今年で5回目。まだモーターショーの文化が浸透していないのか、日本のモーターショーでは考えられないような光景も見受けられた。

5099

 ちょっと、うらやましかったりして。

 さて、今年のモーターショーは、上海モーターショーと日程が重なってしまい、多くのメーカーは中国市場を優先したために、どうも盛り上がりに欠けているようだ。たしかに、海外メーカーはコンセプトカーをほとんど出しておらず、全体に地味だった。韓国メーカーのクルマも、どちらかというと実用性に重きを置いているようで、おっ、と思うようなクルマはほとんどなかった。逆に言えば、なかなか実用的なクルマが多く、これで日本車より10~20万円安ければ、けっこう魅力的かもしれない。

5087

 ホンダはきちんとBARホンダの実車を展示しており楽しめた。動いているASIMOを見るのもはじめてで、韓国ではじめて見るというのも僕らしい。ASIMOは子供たちにも大人気で、一緒に写真を撮る家族連れが絶えなかったが、最後に「もう一度大きな拍手をお願いします!」というアナウンスに応える人が少なかったのは、微妙な日韓関係故だろうか。

5088

 ところで、ここ韓国でも、最近はデジタル一眼レフカメラを持っている人が多い。彼らは、最新のカメラと高級レンズを駆使して、世界の最新の自動車を撮りまくる!ということはなく、その撮影対象は専らコンパニオンのおねーちゃんだ。

 日本でも同じだが、実にけしからんことである。ここは、世界の自動車技術が集う神聖な場所だ。コンパニオンのおねーちゃんを激写している場合ではない。車を、クルマを撮りなさい。

5089

5090

5094

5097

5098

 こんな写真を撮っている場合ではないのである。

 僕は、もちろん普段苦手なポートレート写真の練習として撮ったまでである。人物をきれいに撮るのは、きわめて難しいのだ。ああ難しい。

 最後に、この日もっとも感動した光景をひとつ。

5092

|

« PSP本日発売! | Main | 明洞名物が復活 »

Comments

買い物袋さげた、その辺のオッサンがころころ動かしているのに感動しました!

Posted by: かんりにん | 2005.05.04 02:05

ジンジャー!もとい!
せっ、セグウェイ!ですかぁ〜!
これは確かに感動です。(笑)

Posted by: あるきもの | 2005.05.04 01:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ソウルモーターショー:

« PSP本日発売! | Main | 明洞名物が復活 »