« 新宿で見た「オールドボーイ」 | Main | 趙英男の日本文化ルポ »

2004.11.18

スウィングガールズ

girls.jpg
スウィングガールズ」を見た。
「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督の最新作だ。

上映開始。山形の田舎の風景。ぬるい展開。
棒読みのセリフ。
脱力感いっぱいの安っぽいギャグ。

やっちゃったかな……。

開始10分で、後悔した。日本の映画って、どうしてこういうユルいのが多いんだろう。

もっとさあ、笑いを取るならストレートに笑わせてよ。「ほら、これヘンでしょ。あり得ないでしょ。突っ込んで」みたいなギャグはいいからさ。韓国映画なら、もっとガンガン笑わせてくれるよ。

……観客受けてるよ! こういうの面白いんだ?

山形弁は、釜山弁にそっくりだなあ。秋ちゃん(上野樹里)は、てるてる家族のほうが演技うまかった。これは、てるてるの前に撮ったんだろうな。

 横断歩道のピープー音で、スウィングに開眼。ありえないでしょ。…ふむ。ちょっとジャズっぽく聞こえるかも。卓球でリズムを取る。それは面白いかもね。卓球は、たしかにスウィングっぽいリズムだよな(元卓球部)。

お、みんな上手くなってきたじゃないか。本当に演奏しているみたいだなあ。
バイトに徹してたみんなが戻ってきたか。おまいら、いつのまにそんなに上手くなってたんだよ(^^)。

音楽祭かー。予選応募用のビデオテープ。これ見よがしに映ってたけど、秋ちゃんこれ○○の○○ちゃったりして……。

ほんとに○○たよ! どーすんだ?

良かった、間に合った。みんな、緊張するなよ。さあ、クライマックスだ。
…すごい、ちゃんとジャズしてる。これ、間違いなく吹き替えなしで本人たちが演奏してるなー。
シング・シング・シングは最高!

 終わりかよ!

 というわけで、気が付いたらサントラ買ってた。おれも安いな……。
 なんだかんだ言っても、日本の映画もいいもんだ。

|

« 新宿で見た「オールドボーイ」 | Main | 趙英男の日本文化ルポ »

Comments

「スウィング・ガールズ」ご覧になったんですね。
緩かったですか、温かったですか、そうかもしれませんね。
でも私、こう言う温い、ゆるゆるの映画って好きですよ。
ガールズ&ボーイの棒読み気味の山形弁(詳しく言えば置賜弁・・・山形県南部の方言になります)も地元民の私には可愛くってね。
ガールズ&ボーイの演奏は本当に彼等が演奏しているんですよ。先行上映会、公開初日に彼等が来県して演奏しました。
(上手すぎてないところが良い、と思いませんか?なんか可愛くって)

Posted by: すがじ | 2004.11.18 at 20:36

People are greatly thinking of taking advantages of Mobile Tracking software so that they become efficient in handling the most critical moments and happenings of their life which may ruin the happiness in the coming future. Peolple are not to be trusted these days and you cannot simply blame yourself for following your instincts. - Combines media and signaling on one board, while all competing products require the use of 2 boards.

Posted by: espionnersms.wordpress.com | 2015.07.08 at 05:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/1993295

Listed below are links to weblogs that reference スウィングガールズ:

« 新宿で見た「オールドボーイ」 | Main | 趙英男の日本文化ルポ »