« 水仁線廃線跡を歩く~漢陽大前駅編 | Main | 帰国しました »

2004.09.15

水仁線廃線跡を歩く~ソレ鉄橋編

839

 漢陽大前駅から、4号線は水仁線の路盤に沿って走っている。安山駅付近で再び線路跡を見ることができるが、そこから先はわからない。

 終点の烏耳島(オイド)駅から、タクシーでソレ浦口へ。ここは仁川広域市と京畿道始興市の境にある湾口で、水仁線のソレ鉄橋が、人道橋として今も利用されている。
 この橋が興味深いのは、当初臨時の人道橋として整備されたので、最低限の工事しか施されておらず、鉄道時代の姿をそのまま残している点だ。橋の上に金網と手すりを設置しただけで、金網の下にはレールも敷かれたまま。そのため、最近では橋自体が観光名所となっていて、家族連れの姿も多い。橋を渡り、漁港を眺め、魚を食べるのがソレ浦の定番コースだ。

 橋を渡って仁川市側に入ると、軌道跡の築堤がそのまま歩道になっており、屋台まで並んでいる。100mほど進むと人通りが少なくなり、次第にゴミ捨て場の様相を呈してきたので表通りへ。標識を見ると「ソレ駅4路」と書かれてあった。ここは駅前通りだったようだ。

 てくてく歩いていくと、「ソレ駅3路」「ソレ駅2路」と数字が小さくなっていく。この先、「ソレ駅1路」の前が、かつてのソレ駅のはずだ。「ソレ駅駐車場」があり、その向こうに、市内バスの停留所が見えた。ここが国鉄水仁線ソレ駅跡だろう。

842.jpg

 バスの裏手にまわると、そこはまぎれもなく鉄道の駅だった。廃墟となってはいるが、駅舎も残っている。ホームは周囲を埋め立てられ、地面に埋め込まれたコンクリート区画のようになっていた。

840

旧ソレ駅改札口

841

周囲を埋め立てられたソレ駅のプラットホーム跡
こちらのサイトで、現役当時の水仁線、ソレ(蘇来)駅の写真をみることができます。

 駅の跡は、漁師たちの物置場になっているようだ。ヤブ蚊がひどく、かなり荒れている。すぐ手前のソレ鉄橋が、華やかな観光地になっているのとは対照的な姿だった。

|

« 水仁線廃線跡を歩く~漢陽大前駅編 | Main | 帰国しました »

Comments

An interesting discussion is worth comment. I do think that you ought to write more on this subject, it may not be a taboo subject but generally people don't discuss these subjects. To the next! Best wishes!!

Posted by: best html editor for android | 2014.06.25 at 07:09

Pretty component to content. I just stumbled upon your website and in accession capital to claim that I get in fact enjoyed account your blog posts. Anyway I'll be subscribing for your feeds and even I fulfillment you get right of entry to constantly fast.

Posted by: delhi escort | 2014.11.01 at 02:08

Verified Answers Researched by Industry Experts and almost 100% correct. Physical activities and exercises that everyone can do to be able to stay away from hemorrhoid problems happen to be recommended. To compress plasma to the maximum stage from all directions evenly.

Posted by: Proxy | 2015.02.16 at 14:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/1439317

Listed below are links to weblogs that reference 水仁線廃線跡を歩く~ソレ鉄橋編:

« 水仁線廃線跡を歩く~漢陽大前駅編 | Main | 帰国しました »