« オドゥ山統一展望台 | Main | NHK国際放送のオリンピック速報 »

2004.08.25

華城での、写真にまつわる話

677.jpg
▲水原華城のシンボル、八達門

 起きたら比較的きれいに晴れていたので、写真を撮りに水原華城へ。

 水原華城は、1796年、朝鮮王朝第22代正祖大王が、首都移転を企図して築いた城郭だ。大都市・水原の真ん中にあるが、その保存性と造形美、建築的価値から1997年ユネスコの世界文化遺産に指定された。よく保存された美しい朝鮮式の城郭を間近に見られるという点で、ソウルにない魅力がある。城壁からの見晴らしも素晴らしい。

 水原市のシンボルでもある八達門から撮影を開始し、小高い丘に沿っててくてく歩いていくと、女の子が二人、「何してるの?」と近寄ってきた。「写真を撮ってるんだ」というと、「わー、わたしたちも撮って!」。華西門をバックに撮ってあげ、モニタで写真を見せてあげると、二人は大喜び。「ありがとう~」と言って去っていった。こんなふうに、子どもたちから写真を撮ってと頼まれることは多い。たいてい、「送って」と言うでもなく、文字通り「撮ってあげる」だけで喜ぶ。「自分を撮ってくれる」という行為自体が嬉しいようだ。

676.jpg
▲「1枚、私たちも撮ってください!」

 しばらくして、長安門を撮っていると、今度は二人組のおっさんがカメラの前に立ちふさがるように現れた。

「おい、何をしてるんだ」
「何をしてるんだって…… 写真を撮ってるんですけど」
「だから、何を撮ってるんだ!」
「見ればわかるでしょう。長安門撮ってるんですよ」
「……ああん、なんだと? ふざけてんのか。おまえ、その写真何に使うんだ」

 というわけで、写真を撮っているだけでイチャモン付けてくるオッサンも多い。とくに、一眼レフなどを使っているとかなりの確率で言われる。観光案内所の建物を撮ったら、係員が数百メートル追いかけてきて「なぜ写真を撮るのか、何に使うのか」と訊かれたこともある。どうも、韓国にはスナップ写真という概念が浸透していないようだ。観光地に行っても、いかにもなポーズをとった「記念写真」ばかり撮っている。とくに中年以上の人には、写真を撮る=何か悪いことに使うのではないかという意識があるようで、このあたり、軍事独裁政権時代の名残なのかもしれない。

|

« オドゥ山統一展望台 | Main | NHK国際放送のオリンピック速報 »

Comments

こんにちは。また遊びに来ました。水原にいらしたんですね。
私も日本から来た友達が来るたびに案内しているので、何度か行ったことありますよ。 
今月、日本からお盆休みを利用した友だちが、毎週のようにやってきたのでソウルに行ったり華城に行ったり、色々案内しました。 
大変でしたが、楽しかったです。
ところで写真を撮っていると声をかけられるという事ですが、幸い私は今までそういう経験はありません。
私も一眼レフを使うときがあるので気をつけなくては(^^;)
全く関係ないのですが昨日、子猫を2匹見ました。可愛かったな~。

Posted by: abbie may | 2004.08.25 at 23:14

お返事遅くなってすみません~。
水原、明日日曜も行きますよ。雨が降らなければ。
華城行宮で行われる守門将交代式を撮影に行きます(笑)。
僕は、やはり見た目が怪しいらしく、よく難癖付けられます。
コンパクトデジカメでバスをぱちっと撮ったら、そのバスが急停車して「何を撮ってるんだ!」と怒鳴られたこともあるし(涙)。

Posted by: かんりにん | 2004.08.29 at 02:44

はじめまして、何週間か前にこのページを見つけて、愛読させてもらってます。僕もソウル在住です。

写真を撮っていていちゃもんの話、あるある!っていうか、このせいでなかなか写真とるの勇気が要りますよね。とくに、一般的に写真を撮られる対象でなさそうなもの、住宅街や店やなんかは、かなりの勢いで言われるし、かつ当事者じゃないのに「あんたなにしてるの、持ち主が怒るよ」とかいう場合まで。「写真学科の学生で、練習してるんです」「(わざとたどたどしく)外国からきました」などなど状況に応じて言い訳?を用意はしているんだけども、なにぶん嘘が下手で。。。。カゲリさんのおっしゃってるような背景もあるし、あと、交通違反などの写真告発制とか、インターネット新聞の市民記者の影響力が大きいとか、いろいろ不安感をあおるものがあるんでしょうね。おっしゃるとおり、一眼レフ・アレルギーみたいなところがあって、コンパクトだと頻度がぐっと下がる気がします。レンズが突き出しているのが問題なんだと思います。昔、道で空を撮っているのに、突然車を横付けにされて、「なんで俺の車を撮るんだ」ってのもありました。みんな、そんなに後ろめたいんですか~って言いたい。(笑)

僕も写真が趣味で一眼レフをいつも持ち歩いているので、心置きなくスナップできる日がくることを願ってます。

Posted by: コマツ | 2004.08.29 at 20:04

超亀レスすみません~。
やっぱり、同じ苦労をされているんですね。写真告発制ってのは、あるでしょうね。バスやタクシーの運転手がいきなり怒り出すのは、これが大きな理由だと思います。

でも、背後から現れて、「オレを撮っているのか」とか言われると、なんでやねん!と突っ込みたくなりますね。

そういうわけで、最近レンジファインダーカメラがほしくなってきました。エプソンのやつ、30万円か……。ムリだ……。

Posted by: かんりにん | 2004.09.10 at 04:32

Excellent weblog here! Also your site so much up fast! What host are you the use of? Can I am getting your affiliate hyperlink for your host? I wish my website loaded up as quickly as yours lol

Posted by: best dating sites | 2014.12.25 at 21:50

What i don't understood is if truth be told how you're no longer actually much more well-favored than you may be right now. You are very intelligent. You recognize therefore considerably with regards to this subject, made me for my part believe it from a lot of various angles. Its like men and women aren't fascinated until it is something to do with Woman gaga! Your own stuffs outstanding. All the time handle it up!

Posted by: free music downloads | 2015.02.18 at 08:56

magnificent publish, very informative. I ponder why the other experts of this sector do not understand this. You must proceed your writing. I am sure, you've a great readers' base already!

Posted by: quest bars | 2015.03.01 at 12:39

Hi, i feel that i saw you visited my blog thus i came to return the favor?.I am attempting to in finding things to enhance my web site!I guess its adequate to make use of a few of your ideas!!

Posted by: best eye wrinkle cream | 2015.03.03 at 18:20

Very nice post. I simply stumbled upon your blog and wished to say that I have really enjoyed browsing your weblog posts. After all I will be subscribing in your rss feed and I hope you write once more soon!

Posted by: match.com | 2015.04.09 at 09:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/1274673

Listed below are links to weblogs that reference 華城での、写真にまつわる話:

« オドゥ山統一展望台 | Main | NHK国際放送のオリンピック速報 »