« オトゥゴンバイヤー選手 | Main | 華城での、写真にまつわる話 »

2004.08.24

オドゥ山統一展望台

674
▲手前は韓国、向こう岸はいきなり北朝鮮。

 オドゥつながりというわけではないが、オドゥ山統一展望台に行ってきたお話。いわゆる非武装地帯の手前、思いっきり普通のエリアにある施設だが、実はどこよりも北朝鮮の集落を間近に見ることができる。ここは、非武装地帯を挟まずに、南北の集落が臨津江を隔てて直接向かい合っている、数少ない地域なのだ。そんなわけで、今日のように晴れた日には、開城市郊外の農村がこんな風↓に見える。
675
▲クリックしてみましょう

 この集落は、対南宣伝の目的からかなり文化的な建物が揃えられているのだが、一応、本当に人が住んでいるらしい。写真を見ると、公民館、アパート、小学校などが見える。金日成像もあるようだが、木の陰になっているらしく、この写真では確認できない。

 写真撮影が厳しく制限されるDMZ(非武装地帯)とちがい、このように自由に写真を撮れるのが統一展望台の魅力だ。眠いので、以上、おわり。

 

|

« オトゥゴンバイヤー選手 | Main | 華城での、写真にまつわる話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オドゥ山統一展望台:

« オトゥゴンバイヤー選手 | Main | 華城での、写真にまつわる話 »