« 橋田さんと小川さんの冥福を祈るとともに | Main | 新沙洞・烏山公園のネコ »

2004.06.07

ボックンパプ(炒飯)

487.jpg

あんまりおいしそうに写らなかったけど。
ひさしぶりに、高麗大後門横の中華屋でボックンパプ(炒飯)を食べた。

韓国の炒飯は、必ずチャジャンがつく。
チャジャンミョンのところで紹介した、黒い肉味噌のことだ。
この店は、このチャジャンがとくに旨い。チャジャンというよりは、デミグラスソースと言ったほうがよさそう。

韓国の食文化は、混ぜる文化だ。
ピビンパプは言うに及ばず、カレーライスも食べる前にご飯とルーが渾然一体となるまで混ぜる。
だが、ボックンパプだけは違う。見ている限り、日本人がカレーを食べるがごとく、食べる分だけ、少しずつチャジャンと混ぜて食べる人が多い気がする。チャジャンの量が多くないからかもしれないが、ちょっと不思議だ。

炒飯自体の味は、日本とほぼ同じ。これで3500W(350円)也。

|

« 橋田さんと小川さんの冥福を祈るとともに | Main | 新沙洞・烏山公園のネコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/731115

Listed below are links to weblogs that reference ボックンパプ(炒飯):

« 橋田さんと小川さんの冥福を祈るとともに | Main | 新沙洞・烏山公園のネコ »