« 宝島社の韓国語入門書 | Main | パク・ソルミ記者会見 »

2004.04.22

中野の猫ものがたり01 「ピピとチュピ」

337.jpg
▲母親になったチュピ。手前のゴタミケがラン。1978年ごろ撮影

僕が生まれた1970年代初頭、我が家にはピピという雌の白猫が飼われていた。

ピピは、我が家で飼われるただ一匹の猫。市販のキャットフードは絶対に口にしない、気位の高い猫だった。

1977年冬のある朝。近所の酒屋の倉庫で、数匹の子猫が拾われた。
その中の一匹が、うちで飼われることになった。名前は、「チュピ」。

ピピは、自分以外の猫が来たことにプライドを傷つけられたが、泣き叫ぶ赤ん坊を見て、黙認することにしたらしい。いじめたりしない代わりに、徹底して無視を決め込んだ。

さて、幼いチュピが、親を恋しがりピャーピャー泣いていたある日のことだ。
泣きわめく子猫をしばらくじっと見ていたピピが、静かに立ち上がった。

自分の餌の皿から魚の切り身をくわえ、すたすたすた。
チュピの前に、ぽん。

そのまま、何ごともなかったかのように立ち去った。
ピピがチュピをかまった、最初で最後の出来事である。

1年後、チュピは大人に成長し、我が家にちょくちょく遊びに来ていた野良猫と結ばれた。そして生まれた3匹の猫が、ラン、スー、ミキ。スーとミキは里子に出され、ラン(写真手前)が我が家に残った。

ランがようやく乳離れしたある日、チュピがいなくなった。手を尽くして探したが、彼女はそれきり帰ってこなかった。

時々、隣の家具屋の倉庫で遊んでいたチュピ。きっと、家具屋のトラックに乗ったまま、どこかへ行ってしまったのだろう。

そして、このランが、その後十数年にわたって我が家のお母さん猫となるのである。
338.jpg
▲成長したラン 1980年頃?

|

« 宝島社の韓国語入門書 | Main | パク・ソルミ記者会見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/475928

Listed below are links to weblogs that reference 中野の猫ものがたり01 「ピピとチュピ」:

« 宝島社の韓国語入門書 | Main | パク・ソルミ記者会見 »