« 韓国のドラマをネットで | Main | 「大極旗を翻して」鑑賞 »

2004.03.03

韓国・茂朱ジャンプ競技場

0112.jpg
▲茂朱ジャンプ競技場のノーマルヒル(左)とラージヒル(右)。2000年FISサマーグランプリ
 リクエストにこたえて、韓国のジャンプ台を紹介。
 韓国のジャンプ台は、全羅北道の茂朱リゾート内の茂朱ジャンプ競技場が唯一の存在だ。ソウルからバスで南へ4時間、徳裕山国立公園の中にある。

 韓国でジャンプ競技が始まったのは、1996年のことだ。ソウルオリンピックの成功を受けて、当時の盧泰愚(ノ・テウ)大統領は、冬季種目もメダルを取れるよう強化する方針を打ち出した。それまでアルペンしかなかった大韓スキー連盟にノルディック(ジャンプとクロスカントリー)とフリースタイル(モーグルなど)部門が設けられ、計画段階だった茂朱リゾートに、本格的なジャンプ台を建設することが決定。1996年、ミニヒルからラージヒルまで、6つのジャンプ台を備える茂朱ジャンプ競技場が完成した。まもなく地元の小中学生からジャンプに挑戦する子供が募られ、数人の中学生が強化選手に指定された。こうして韓国スキージャンプチームはスタートを切ったのである。彼らは、2年後の長野オリンピックに、韓国初のスキージャンプ国家代表として出場することになる。

0110.jpg
▲ラージヒルのスタートゲート。2002年大韓選手権
 茂朱リゾートは、韓国がバブル景気に包まれていた時期に建設されたリゾートで、スキー場のほか、ゴルフ場、コンドミニアムなどの施設を備える。毎日ソウルから定期観光バスが往復するものの、足場の悪さから経営は苦しい。

 ジャンプ競技場には、ラージヒル(K=120)、ノーマルヒル(K=90)と並んでふたつのミディアムヒルがある。4つのジャンプ台が並ぶさまは壮観だ。このほか、ゲレンデの中に小さな練習台がふたつあり、ジャンプ選手を養成する施設としては素晴らしい充実ぶりだ。だが、その多くはうち捨てられたも同然の状態である。何しろ、競技者が国内に6人しかいないのだ(2003年春まで7人)。それでもドイツからコーチを招いての強化が行われており、2003年の冬季ユニバーシアード、青森冬季アジア大会で優勝するなど、実態以上の成績を収めている。

 僕が、そんな韓国ジャンプチームに出会ったのは、今から5年ほど前のことだった。
 つづく。
0111.jpg
▲2002年当時の韓国スキージャンプ国家代表チーム(=全競技者)

|

« 韓国のドラマをネットで | Main | 「大極旗を翻して」鑑賞 »

Comments

すごく貴重な写真ですね。韓国内の全ての競技人口が集まってるのだから。

それにしてもすごい立派なジャンプ台なこと、一人あたりの投資額はものすごそうですね。

Posted by: きよみん | 2004.03.05 00:55

ハァ~茂朱リゾートっすか。
テッキリ龍平かな?って思ってたんですけど…
2003年まで競技人口7人つーのはちょっと悲しいな。
部活じゃあるまいし…
ノルディック競技、モーグルも有ったとはかなり驚き。

かなり立派なジャンプ台っすね。
スタートゲート立ってるってのはかなり羨ましい。
MuJu来期は攻めに行って来ますわ。


Posted by: 書記長 | 2004.03.03 22:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国・茂朱ジャンプ競技場:

« 韓国のドラマをネットで | Main | 「大極旗を翻して」鑑賞 »