« 韓国スキージャンプを訪ねて5 | Main | 韓国スキージャンプを訪ねて3 »

2004.03.18

韓国スキージャンプを訪ねて4

205.jpg
▲テレビ局の中継車も集まった

 大会当日、30日。台風の接近が伝えられていたが、大丈夫。きれいな青空だ。クラブハウス前には、KBS、MBCなどテレビの中継車が集まった。夜のスポーツニュースで、初のワールドカップ大会を報道するのだという。

 「これで、韓国の人に少しでもジャンプを知ってもらえたらと思います」

 ムンさんが、神妙な顔をして言った。

 簡単に試合のルールを説明しよう。今回出場する選手は44人。11人ずつ4つのグループに分かれ、ファーストラウンド(1回目)を行う。順位は飛距離点と飛形点の合計で争われ、各グループの上位6人、24人がファイナルラウンド(2回目)に進める。韓国勢の目標は、このファイナルラウンドに進出することだ。

 練習ラウンドが始まろうとする頃、たくさんの子供たちが集まってきた。100人くらいはいるだろうか。中学生や親子連れなどもぞろぞろやってくる。ジャンプファンではなく、地元の住民だという。小学生は学校全体で来たそうだ。おらが町に、世界のトップ選手が集まってくる。見に行かなきゃ…。そういうことらしい。子供たちがキャーキャー言ってスタンド周辺を走り回り、会場は一気ににぎやかになった。

 テストジャンパー(競技には参加せず施設・天候の状況をチェックするジャンパー)、がスタートする。観客は、ほぼ全員ジャンプ観戦は初めてだ。

 「おおおおお~!!」

 ジャンパーが空中に飛び出した瞬間、数百人とは思えないほどのどよめきが広がり、着地と同時に拍手と歓声に変わった。そして、ゼッケン1番、日本の千葉勝利が113m。悲鳴とも歓声ともつかない声があがる。初めて生でジャンプを見た時の衝撃は、大変なものだ。人間が、遙か彼方から空を飛んでくるのだ。

 試合は、パーティで知り合った、大韓スキー連盟のジュ・ユンジョンさんと観戦した。韓国チームのお姉さんだ。関係者という雰囲気は全然なく、ドイツのエース、マルティン・シュミットのサインを見せびらかして喜んでいる。

 「へー、ジュさん、シュミットのファンなんですか?」
 「ううん、さっき名前を知ったの。かっこいいわ。」

 と、いうわけで、試合中、僕はつたない英語で一人一人の選手、世界のジャンプ事情を彼女に説明することになった。と、ヤンネ・アホネンが一本目の競技を行うためにこちらへ来る。

 「かげり! (世界ランキングトップを示す)ゴールドゼッケンよ!」

 見ると、ジュさんはどこに持っていたのか、すでに色紙とサインペンを持ってスタンバイしている。リフト乗り場の前に仁王立ちのジュさん。まさか…。

 「アホネンさん! サインください!!」

 運営スタッフが、なんてことしてるんだ!? 今、選手は競技中だから、話しかけちゃだめっだって…。アホネンは、苦笑いしながらサインに応じていた。すると、スタンドからどんどん子どもたちが集まってくる。

206.jpg
▲ヤンネ・アホネンにサインをねだるユンジョン

 気がつけば、ジュさんが「ほら、あの人が世界チャンピオンよ」などと、子供達にけしかけているではないか。子どもたちに囲まれ、動けなくなるアホネン。しかし、チッと舌打ちをしつつ、彼は快く?サインに応じていた。アホネン、ヘンな名前だけどいい人だ。しかし、今は試合中。彼はリフトへ向かわなくてはならなかった。残念がる子供たち。ま、しょうがない。

 その時である。子供の一人と目があった。イヤーな予感がする。子供たちがゾロゾロ僕の方へ駆け寄ってくる。ますますイヤーな予感がする。ニコニコ笑う子供たち。この僕を、どうしようと言うのか。

 「サイン、ジュセヨー(サインちょうだい)」

 外人であれば誰でもよかったらしい。かくして、僕が子供たちのサイン責めに遭うのであった。

207.jpg
▲サインをもらって大喜びの子どもたち

|

« 韓国スキージャンプを訪ねて5 | Main | 韓国スキージャンプを訪ねて3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国スキージャンプを訪ねて4:

« 韓国スキージャンプを訪ねて5 | Main | 韓国スキージャンプを訪ねて3 »