« ソウル発券の格安航空券 | Main | 帰国。 »

2003.12.17

地下鉄車内のジャズ演奏

0022.jpg
 「皆さん、メリークリスマス。お騒がせしてすみません」
 公州の取材からソウルに戻り、家路についた地下鉄3号線。
 狎鴎亭で乗ってきた男女の二人組が、大声で口上を述べ始めた。よくいる、物売りかな。いや、男のほうは外国人だから、また国際福祉活動とかいう募金活動だろうか。よく自称日本人留学生もやってるけど、あれはどういう団体がやっているのだろう…。
 「彼は、世界30カ国を旅し、今は韓国で暮らすようになった世界旅行者です。サックスの演奏だけでお金を稼ぎ、世界を見てきました」
 なるほど、そういう手合いだったか。日本でもたまにそういう外国人を見掛ける。
 「これから、この電車はジャズクラブになります。お忙しいとは思いますが、どうぞジャズのひとときをお過ごし下さい」。
 女性がそう言うと、男性はサックスをケースから取り出し、演奏を始めた。電車は地上に出て、漢江を渡る。東湖大橋を照らすライトが次々と窓の外をよぎり、車内にサックスの音色が響く。決して上手ではないが、洒落たムードが漂った。カップルたちからも、「わあ、すてき」という声が漏れ聞こえる。僕はカメラを取り出し、彼の演奏を残り少ないメモリに収めた。
 気が付くと、降りるはずだった薬水駅を過ぎていた。まあ、鍾路3街で1号線に乗り換えれば良いだろう。帰国日が迫る中、あわただしい取材をこなして疲れた僕に、この演奏は一服の清涼剤となった。女性が帽子を手に車内をまわり始めたので、僕も1000Wをカンパする。彼女の手には、大事そうに握りしめたパンフレットの束が。きっと、彼のプロフィールなんかが書いてあるのだろう。すみません、そのパンフレットもくださいますか…。
「はい、どうぞ。ご興味がおありでしたら、ぜひご連絡ください」。
そう言って渡されたパンフが、これ。
0023.jpg
ラエリアンであった。

基礎知識 ラエリアン・ムーブメント  フランス人のラエルなる人物が指導する団体。「世界最大のUFO関連非営利団体(HPより)」。「世界90ヶ国において、60,000人以上の会員が宇宙から来る人々を迎えるために、初の大使館建設に向かって動いている(同)」そうだ。世界最初のクローン人間誕生に成功したと主張するクローンエイドも、ラエリアンの関連団体。

|

« ソウル発券の格安航空券 | Main | 帰国。 »

Comments

ヲチが素敵でした。ヽ(´ー`)ノ

Posted by: 書記長 | 2003.12.17 at 19:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3755/30559

Listed below are links to weblogs that reference 地下鉄車内のジャズ演奏:

« ソウル発券の格安航空券 | Main | 帰国。 »